ブログ100記事書いたけど思ったよりアクセス・収益は増えない【けど無駄じゃない】

よく「ブログはまず100記事書きなさい」って言われるけど、100記事書けば本当にアクセスや収益は増えてくるの?

実際のところはどんなもんなのかな?

残念ながら初心者が100記事書いてもアクセスや収益は全然伸びないぞ。けれど得られるものも間違いなくあるから無駄じゃない。

 

こんにちは糠マル(@malpighia_blog)です。

社会不適合者です。

 

先日投稿した記事でブログが100記事目に到達しました。

 

そうなると100記事更新すればアクセスや収益がどれくらい増えるものなのか気になりませんか?

 

結論から言えば、100記事書いても数字は期待した数字には全然届きません!

 

さすがに「100記事書けばめちゃくちゃ稼げるようになる」とまでは思っていませんでしたが、それでも「こんなに伸びないのか」という印象です。

 

ただそれでも「100記事書いてきたことは無駄ではない」と思っております。

 

今回の記事では初心者が100記事更新したブログのデータの考察と、100記事書いたことで得られたものを紹介していきたいと思います。

 

50記事の時のデータはこちら

スポンサーリンク

ブログ100記事書いたらアクセスと収益はどうなった?

問題

ではまず運用報告から。

 

ブログを始めた2020年10月からのデータです。

アクセス数

  • 50記事時のデータ
ユーザー数 1521
PV数 5023PV
  • 100記事時のデータ
ユーザー数 6607
PV数 14993PV

PV

PV数は1万の大台を突破し、14993となりました。

 

グラフを見てみても、じわじわとではありますが訪問してくださってる方が増えているのが分かりますね。

 

キーワード選定やわかりやすい記事を書くことを意識した結果がついてきているのだと思います。

 

とはいえ1日の訪問者数が3桁に乗らなかったのがちょっと残念でしたね。

 

次の目標は1日の訪問者数が100を超えるように頑張りましょう。

収益

次は収益のデータです。

50記事時 約500円
100記事時 約2000円

収益は約2000円となりました。

 

1度だけAmazonの商品が売れ、その時の収益が100円ほど。

 

残りはすべてアドセンスからです。

 

50記事の時に比べ増えたとはいえ、半年以上続けて2000円なのはやはり少ない・・・。

 

しかしブログを続けること自体はそこまで苦とは思っていないので、これからもコツコツと積み上げていきたいと思います。

アクセス源

アクセス元

Organic Search(検索流入)からの流入が過半数を超えました。

 

ぽつぽつと検索結果上位の記事も出始めているので、その成果が出ているのだと思われます。

 

またブックマークなどで直接来てくださっているダイレクトの数もそこそこあるのがありがたいです。

 

これからも期待に応えられるような記事づくりをしていきたいと思います。

 

50記事を達成した際に、100記事までの目標として以下を掲げました。

  • 10000PV
  • 収益4桁
  • アフィリエイトで1個でいいからなんか売りたい!

結果としては3つとも達成はできました!

 

ただアフィリエイトで売れたものに関しては紹介している商品とは別のものだったので、ちょっと怪しいところ・・・。

 

次はきちんと自分の紹介したものが売れるようにしていきたいですね。

ブログ100記事書いたけどアクセスが増えるわけじゃない

嫌味

上述の通り100記事を書いても劇的にPV数や収益が増えるわけではありませんでした。

 

そこで考えてみて自分なりに納得したのが、「ブログ100記事書け」という言葉は決して「100記事書けば稼げる」ということではないこと。

 

この言葉の本当の意味は「ブログ100記事書けば稼ぐための下地が出来るようになる」ことだと解釈しました。

 

ブログを始めたての頃は、当然何も知識がありませんからブログの文章もめちゃくちゃだし、SEOなんてものも適当です。

 

しかし100記事も書けば

  • 自分なりのブログの書き方
  • キーワードの選び方

あたりの基礎ブログ力が身についてきます。

 

いうなれば100記事書くのは、スポーツで言う筋トレのようなもの。

 

基礎的な筋力をつけないまま、ボクシングや柔道の試合に出ても勝つことはできないでしょう。

 

100記事を書くのはブログで稼ぐための筋肉がついた、いわば「スタートライン」なのです。

ブログ100記事書くまでに意識したこと

結果

ブログを100記事書けば基本的なブログの書き方はわかってきますが、ただ闇雲に書いていても読まれるブログにはならないでしょう。

 

いうなれば1kgの軽い重りでダンベルしてるようなものです。

 

そこで私が100記事までにブログで意識したことを書いておきます。

  • SEO
  • キーワード
  • わかりやすさ

SEO

SEOとはSearch Engine Optimizationの略で、日本語で言うと「検索エンジン最適化」です。

 

具体的には、主にグーグルの検索結果で上位表示されるようにするための対策のこととなります。

 

ブログを見に来てくれる人の大半はグーグルの検索から流入してくるので、読まれるブログを作るならSEO対策は必須となります。

 

私もSEOを意識して記事を書き続け、少しづつですが上位表示されるような記事も出てきました。

キーワード選定

ブログを書く際に大事なのは「キーワード選定」です。

 

キーワードというの「ユーザーがどんな言葉で検索をしているのか」ということですね。

「ブログ 稼げない」
「食品工場 地獄」

こういった検索してもらいたいキーワードを狙って、タイトルをつけていくのが重要となります。

 

せっかくいい記事を書けたとしても、キーワード選定が疎かだと検索に表示されにくくなってしまうので非常にもったいないです。

 

キーワード選定はSEO対策で極めて重要であるといえるでしょう。

わかりやすい記事

ブログというのは「検索してきた人の悩みを解決する」ためのものです。

 

しかし読んでいてわかりにくい記事だった場合、せっかく来てくれた人がすぐに離脱していってしまいます。

 

これはとてももったいないし、すぐに離脱されるのはSEO的にもマイナスです

 

そこで大事なのが「読者にとってわかりやすい記事を書くことを意識」すること。

 

ブログというのは誰かに読まれるということを、常に意識することが重要ですね。

 

ちなみにわかりやすい記事を書く場合は、ブロガーのヨスさんが出されているこちらの本がおすすめです。

 

 

「ブログをわかりやすくするにはどうすればいいのか?」についてのノウハウが、「これでもか」と書かれています。

 

読んで内容を実践すればわかりやすい記事が書けるようになり、読まれるブログにすることができますよ。

以上が100記事までに意識したことになります。

 

正直まだまだすべて理解できたとは言えませんが、少しでも来てくれた人のためになるブログを書いていきたいと思います。

ブログ100記事書いて得られたもの

グッド

ここからはブログを100記事書いて得られたものを紹介していきます。

  • アクセス・収益
  • ブログの基本的な書き方
  • ブログを書く習慣

1つずつ見ていきましょう。

アクセス・収益

ブログ100記事書いても思ったよりもアクセスや収益は増えませんが、それでも「増えていること」は事実です。

 

最初はだれにも読まれていなかったこのブログも、少しずつですが検索などで読まれるようになってきています。

 

この「1PV増えたこと」を素直に喜べるかどうかが、ブログを続けるのに大事なことであると思いますね。

自分なりのブログの書き方

前項でも書きましたが、100記事も書けばそれなりにブログの書き方も身についてきます。

 

初めの方の記事とか見たら、それはまぁひどいもんです(笑)

 

昔の記事に比べたら、だいぶわかりやすい記事が書けるようになったと思うのですがいかがでしょうか?

ブログを書く習慣

100記事書くことでブログを書く習慣も身につきました。

 

ブログを始めたころからの約束として、「どんなに小さなことでもいいからブログに関係することを毎日する」と決めていました。

 

それこそ
・作業画面を開く
・ネタ探しに本を1ページだけ読む
くらいのことでもいいからです。

 

その努力もあってか、最初の頃は作業も始めるのにかなり気合を入れる必要がありましたが、今はだいぶスムーズに作業に取り掛かれています。

 

いまでは1日2時間くらいは作業をできるようになりましたね。

まとめ:ブログ100記事書いても無駄じゃない

まとめ

というわけでまとめです。

 

ブログを100記事書いても思ったよりアクセスは増えないし、稼げるようにもなりません。

 

でも

  • (少ないけど)アクセス・収益
  • ブログの基本的な書き方
  • ブログを書く習慣

など得られるものもあり、決して無駄にはなりませんよ。

 

私も100記事を通過点として、よりよいブログを作っていこうと思います。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事