仕事は3年我慢する必要なし!【続けるデメリットの方が大きいです】

仕事が辛くて辞めたいけれど、周りは「3年は続けろ」っていうんだよね・・・。

やっぱり3年は我慢しないと、人としておかしいのかな?

明確な根拠はないから、気にしなくていいぞ。

むしろ嫌な仕事を3年も続けるのはデメリットの方が大きい。

こんにちは糠マル(@malpighia_blog)です。

仕事が苦手な社会不適合者です。

 

社会不適合者で働くのが辛く、仕事を辞めようか迷っていると「とりあえず3年は続けろ」と言ってくる人は多いですよね。

 

それを聞いて、辛いのを我慢して仕事を辞めることを躊躇する方もいらっしゃると思います。

 

しかし結論から言えば、そんな3年ルールは嘘なので気にする必要ありません。

 

むしろ嫌な仕事を3年も続けているとあなたにとってデメリットの方が大きいんですよ・・・。

 

実際私は新卒で入った建築会社を3カ月で辞めましたけど、後悔はしていません。

 

今回は社会不適合者で仕事を3年続けるべきか迷っているあなたに、気にする必要のない理由と辞めてどうするべきかを紹介します。

スポンサーリンク

「仕事は3年我慢しろ」を気にする必要のない理由

気にしない

「仕事は最低でも3年は続けるべきだ」というアドバイスは全く気にする必要のない理由は以下の通り。

  • ブラック企業の場合は心身に異常をきたす
  • 相手はあなたのことを真剣に考えてはいない
  • そもそも仕事は面白い物じゃない

1つずつ見ていきましょう。

ブラック企業だと心身に異常をきたす

まずあなたの入った会社がブラック企業である場合は、問答無用で逃げてください。

 

  • 長時間のサービス残業
  • 理不尽な上司からの叱責

 

こんな企業に勤めていては、体に疲労がたまっていく一方ですし、怒鳴られ続け精神も削られ続けます。

 

そんな状態が続けば最悪うつ病を発症し、日常生活を送ることすら困難になってしまう可能性だってあります。

 

なので、ブラック企業に苦しんでいる場合はすぐにでも逃げてください。

 

もし、切り出す勇気が出ない場合、今の時代には退職代行というありがたい存在もあります。

 

退職代行に依頼すれば、もう上司の顔も見ることも話すこともなく、翌日から出社しなくて済むようになりますよ。

 

相手はあなたのことを真剣に考えてはいない

「仕事は最低3年は続けろ」とあなたはアドバイスをされたかもしれませんが、言った相手はあなたのことを真剣に考えてはいません。

 

ただ「世間がそう言っているからそうなんだろう」ぐらいの、大して深く考えてもいないアドバイスなのです。

 

ちょっと残酷なことを言えば、人間なんて所詮自分以外のことはどうでもいいのです。

 

あなたがアドバイスを鵜呑みにして仕事を3年続けた結果鬱になったとしても、その人が責任を取ってくれることはないでしょう。

 

そもそもあなたが「仕事を辞めたい」と思っているのだから、その心の声に従うべき。

 

自分の人生の選択を他人に決定させてはいけませんよ。

そもそも仕事は面白いものじゃない

「仕事は3年続けるべきだ」と言ってくることの理由に、「3年続ければ仕事の面白さが分かってくるから」と返す人もいます。

 

しかし社会不適合者な自分から言わせてもらえば、仕事なんてものは辛く苦しい行為でしかなく、そもそも面白いものではありえません。

 

私は社会人になってからもう10年以上になりますが、仕事が面白いと感じたことなど一度としてありませんよ。

 

なので「3年続ければ仕事が面白くなってくる」なんてのは嘘っぱちだと確信しています。

 

この言葉を聞いた人の中には「3年経てば何かが変わるはず」と自分に言い聞かせて、仕事を続ける人もいるかもしれません。

 

ですがそれは今悩むことをしたくないからと、問題を先送りにしているだけです。

 

「辞めたいけれど、退職についてあれこれ考えるのは面倒だから一旦おいておこう」と。

 

そのツケは3年後に自分に跳ね返ってきますよ。

嫌な仕事を3年我慢するデメリット

上司

やりたくもない嫌な仕事を3年も続けることは、社会不適合者にとってデメリットが大きいです。

  • 時間が失われる
  • 我慢を続ければ心身にも悪影響
  • 社畜志向が染みついてしまう

時間が失われる

「時は金なり」とも言いますが、これは本当にその通りで時間ほど大切なものはありません。

 

嫌な仕事を3年も我慢していると、その3年間を無駄にしてしまうことになります。

 

だったら我慢なんかせずに、さっさと次を見据えたほうが絶対に良い。

 

会社でやりたくもない仕事を3年も続けるくらいなら、その分の時間を自己投資に注ぎ込めばより成長できるしお金も稼げるようになります。

 

時間という大切なものを失うのは大変なデメリットです。

我慢を続ければ心身にも悪影響

我慢して嫌な仕事を続けていれば、どこかで必ず体に影響が出始めます。

 

最初は我慢できるくらいの小さな気持ちだったとしても、やがてそれは肥大化していき、体に悪影響を及ぼし始めるのです。

 

私は会社が嫌すぎて、会社に行こうとすると吐き気に襲われ、朝は鳴ってもいない携帯のアラームで目が覚めるようになりました。

 

嫌な仕事に体を蝕まれる前に、対策を打っておきましょう。

社畜思考が身についてしまう

人間というのは案外壊れないものでして、辛いことでも続けていれば慣れてくるものです。

 

やりたくもない仕事でも我慢して続けているといずれ慣れてきて、その状態が「普通」になっていきます。

  • やりがいのない仕事
  • 疲れ切って仕事をする同僚や上司

 

最初はそんなふうにはなりたくないと思っていても、3年もすれば会社に染まりすっかり「そちら側」の人間になってしまいます。

 

すると怖いのが、退職するのが億劫になってしまうこと。

 

仕事が嫌だとは思いつつも、

  • 転職活動とか面倒だしな・・・
  • とりあえず食えてるし現状維持でいいや・・・

と感じるようになり、退職する気がなくなってしまうのです。

 

実際私も残業毎日2時間・手取り14万くらいで働いていた時がありましたが、これでもいいか・・・と辞めるのに消極的な状態でした。

 

このように退職する熱意が消え失せてしまうので、嫌な仕事を3年も続けるのはおススメできません。

嫌な仕事を3年我慢するより成長に費やそう

グッド

以上のように社会不適合者にとって嫌な仕事を3年も続けるのはデメリットが大きいです。

 

しかし会社を辞めたとしても、次はどうすればいいか不安に思うかもしれません。

 

そこでやるべきことは、個人で稼げるようになるため自分の成長に3年を費やすことです。

 

個人で稼げるようになれば会社に縛られる必要もなくなるので、社会不適合者にとってもストレスフリーでいきることが出来ます。

 

具体的には副業を始めるのがおすすめです。

 

まずはクラウドワークス ココナラ といったクラウドソーシングサイトに登録してどんな副業があるのか眺めてみてはいかがでしょうか?

 

どちらも無料ですぐに登録できますよ。

でも人様の役に立てるようなスキルがないよ・・・

という方は、ブログがお手軽に始められるのでおススメです。

 

嫌な仕事を続けてもいいことは1つもないので、副業で有意義に時間を使っていきましょう。

まとめ:仕事は3年我慢する必要なし!

まとめ

というわけでまとめです。

 

社会不適合者が「仕事は3年続けろ」というアドバイスをされても

  • ブラック企業の場合は心身に異常をきたす
  • 相手はあなたのことを真剣に考えてはいない
  • そもそも仕事は面白い物じゃない

という理由から気にする必要ありません。

 

嫌な仕事を3年も続けるのは

  • 時間が失われる
  • 我慢を続ければ心身にも悪影響
  • 社畜志向が染みついてしまう

というデメリットの方が大きいからです。

 

社会不適合者は3年も嫌な仕事を続けるよりも、その時間を使って個人で稼げるようになったほうが幸せになれますよ。

 

 \無料ですぐに登録できる/

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事