【辞めてヨシ】毎日残業が当たり前の会社はおかしいです【人生の無駄】

こんにちは糠マル(@malpighia_blog)です。

残業が嫌いな社会不適合者です。

 

毎日毎日会社での残業が当たり前になっていておかしいと思ってはいませんか?

 

残業が前提のスケジュールだと疲労がたまるし自由に使える時間も少なくてストレスが溜まりますよね。

 

でも実は残業が当たり前なのはどう考えてもおかしいことなので、そんな会社はとっとと逃げるべきだと断言します。

 

なぜなら残業という行為はあらゆる意味で効率的ではないからです。

 

私は以前は毎日残業があることが前提のブラック企業に勤めていましたが、そこから逃げ出し残業のほぼない仕事に就くことが出来ました。

 

今回の記事では社会不適合者で残業が嫌いなあなたに、残業が当たり前になってしまう理由と、それを解消する方法をご紹介します。

 

この記事を読めば、残業が当たり前なのはまったく普通ではないので、すぐに逃げ出すべき理由と誰でもストレスなく簡単に逃げられる方法がわかりますよ。

 

今回のポイント
残業が当たり前になってしまうのは、会社に残業の文化が根付いてしまっているからです。

現状維持バイアスがかかってしまっており、変化をすることをおそれてしまっています。

こうなると会社の変化には期待できないので、自分が転職して環境を変えるべきでです。

リクナビNEXT【ReWorks(リワークス)】といった転職サイトに登録して、環境を変える一歩を踏み出しましょう。

\無料で簡単登録/

残業が当たり前なのはおかしいです

上司

まず大前提として、残業が当たり前になっている会社はおかしいです。

 

なぜなら、残業というのは「緊急でやむ負えない場合に残って作業する」ものであるから。

 

緊急で仕事を処理しなければ大きな被害が発生してしまう、という場合ですね

 

このような場合は多少の残業があっても仕方ないでしょう。

 

しかしたまに発生するくらいならまだわかりますが、中には残業することが前提となっているスケジュールを会社が組んでいる場合があります。

 

これはどう考えても普通ではありません。毎日そんな事態になるわけがありません。

 

もう一度言います。残業がないのが普通です。

じゃあなんで「残業が当たり前」になってるの?

嫌味

ではなぜ会社での残業が当たり前になってしまっているのでしょうか?

 

それは「会社に残業の習慣が根付いてしまっているから」

 

最近では働き方改革という言葉も浸透してきたとはいえ、未だに残業意識の高い会社は多いでしょう。

 

地方の中小企業だと、まだまだ働き方の意識は低いといえます

 

そして一度習慣化してしまっていることを変えるのは、とても難しいことなんですよね。

 

人間には「現状維持バイアス」というものがあり、変化や未知のものを避けてなるべく現状維持を望む心理作用があります。

 

現状を変化させればリスクや労力を必要としますが、今のままなら何もしなくてもよくなります。

 

この心理が働き、残業が多い現状でも会社は変わろうとはしないんですね。

 

オジサン社員
今までずっとこの仕事のやり方で回ってきたんだし、わざわざ変える必要ないだろう

ってことです。

私が以前いた会社の話

教える

私が以前いた会社が、まさにこんな感じでした。

 

この会社では、毎日2時間近い残業が発生していました。

 

私はそこに10年以上勤めていましたが、結局最後まで改善されることはついにありませんでした。

この会社では、毎日2時間近い残業が発生していました。

そこには10年以上勤めましたが、残業時間が改善されることは

遂にありませんでした。

 

どんな会社だったのかは以下の記事をご参考ください。

 

 

もしかしたらそう考えている人もいるかもしれませんが、そんな都合のいい展開は起きません。間違いなく。

では毎日の残業が当たり前のおかしい会社に勤めている人はどうすれば良いのでしょうか?

 

それには転職して環境を変えてしまうのが最も手っ取り早いです。

残業があたりまえの生活を変える方法は転職です

出社

残業のない生活を手に入れるためには、会社を変えるのが一番です。

 

先ほども書いた通り、会社の体質というものは簡単には変わりません。

 

ならば自分の環境を変えてしまうのが、一番早い方法であるといえます。

実際私もさっきの会社辞めて、今はほぼ残業のない生活を送ってます。

転職せずに済むならそれもアリだけど・・・

転職以外で問題を解決できる方法の一つとして「部署移動をすればいいのでは」と思うかもしれません。

 

確かに、他部署が早く帰れているようならそれもアリかと思います。

 

ただ残業魂が根付いてしまっている会社は、どの部署も基本大して変わらない場合が多いです。

 

部署移動の申請も通るか分かりませんしね

やはり残業を無くすには転職が一番なのは間違いないでしょう。

残業のない会社への転職を成功させるなら転職サイトがオススメ

ポジティブ

残業のない会社への転職を成功させたいなら、転職サイトへの登録をオススメします。

 

ハローワークや求人チラシの求人は質の悪いものが多く、入ったとしてもブラックである可能性が高いからです。

 

社会不適合者は無理に正社員を狙わず、派遣や非正規社員で残業と責任の少ない仕事に就き、副業で稼げるようになるのを目指しましょう。

 

登録しておくべきおススメの転職サイトはリクナビNEXT【ReWorks(リワークス)】

 

リクナビNEXTは「グッドポイント診断」という自己分析診断をうけて自分の強みを客観的に教えてもらうことができるので、履歴書の作成がスムーズになります。

 

【ReWorks(リワークス)】はリモートワークに特化した転職サイト。

 

社会不適合者にとって人間関係は大敵なので、それを解消できるリモートワークは非常に相性がいいです。

 

研修会や相談などのサポートが充実しているので、未経験でも大丈夫です。

 

どちらも無料で簡単に登録できますし、条件に合う求人がなければ無理に転職する必要もないのであなたにデメリットはありません。

 

とりあえず第一歩として登録だけしてみるのをおススメします。

 

\無料で簡単登録/

会社が辞めさせてくれないなら退職代行を使おう

退職

こういった残業が当たり前のブラック企業の場合、なかなかやめることを認めてくれない場合もあります。

 

場合によっては辞職の意思を伝えると、罵詈雑言を浴びせられる可能性も・・・。

 

しかしそんなブラック企業でも簡単に辞めることのできる方法があります。

 

それは退職代行を使うこと。

 

退職代行に連絡すれば、退職の連絡を代理で行ってくれるので、もう嫌な上司の顔を見ることなくストレスフリーで退職が出来ますよ。

 

退職に恐怖を感じている人はぜひ利用して、サクッと自由人になりましょう。

 

以下の記事で安全・確実に退職できる退職代行を厳選してご紹介していますので参考にしてください。

まとめ:残業が当たり前の会社はおかしいのでさっさと逃げ出すべし

まとめ

というわけでまとめです。

 

残業が毎日のようにあるのはどう考えても異常ですので、そういった会社に勤めているならばすぐに逃げ出すべきといえます。

 

しかもそれがサービス残業だとしたら、異常どころかもう違法です。

 

あなたがそんな会社にいるのだとしたら、すぐに転職に向けて動き出すべきであるといえます。

  • でもやっぱ面倒だし・・・
  • 来年になったら始めよう・・・

なんてもっともらしい理由を付けて先延ばしにしていたら、あっという間に5年10年経って、転職が不利になってしまいますよ!

 

「転職サイトにとりあえず登録してみる」だけの小さなことでもいいから、一歩を踏み出してみましょう。

 

それだけであなたは何もしていない他の人よりも、大きくリードすることが出来ますよ。

 

\無料で簡単登録/

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事