仕事が限界でバックレたくなるのは会社が99%悪い|正しい辞め方解説

「仕事が辛くてもう限界。たとえバックレてもここまでさせる会社の方が悪いに決まってる!」という思いが頭をよぎってはいませんか?

どう考えても会社がおかしいのに、我慢して働かなければならない状況はとても辛いと思います。

その考えは大正解。バックレたくなるのは会社が99%悪いことに間違いありません。

マルピギア

筆者のいた食品工場でもバックレが多発していましたが、
その気持ちは痛いほどよく分かりました。

しかし、実際にバックレてしまうのはおススメできません。

なぜならバックレてしまうと、あなたにとって面倒な出来事が多発してしまうからです。

実際筆者の同僚でバックレた人には、様々な面倒ごとが発生していました。

けれどご安心ください。バックレをしなくても会社に行かずに退職できる方法が存在するので後ろめたさを感じることなく辞めることが可能です。

今回の記事では会社をバックレようかと心の中で葛藤しているあなたに、

  • バックレたくなる会社が悪い理由
  • バックレのデメリット
  • 正しい辞め方

を解説していきます。

この記事を読めばもう会社を辞めることに不安を感じることがなくなるので、すっきりと清々しい気分で退職が出来ますよ。

結論としては退職代行を使えば、後腐れなく会社を辞めることが可能です。

目次

バックレたくなる環境を放置している会社が99%悪い

嫌味

まず会社をバックレたくなった時には、そんな環境を放置している会社の方が99%悪く、ほぼあなたに非はありません

なぜなら社員にとって働きやすい環境を構築することは、会社にとって当然のことだからです。

にもかかわらずそれを怠って最悪な環境を放置したならば、バックレたいと思われても仕方のないことでしょう。

筆者のいた食品工場でも、知っているだけで5人以上は失踪者が出ていましたが環境はなかなか改善されませんでした。

このような会社ではバックレたいと思われても無理はありませんね。

バックレたくなる会社の特徴

上司

以下のような会社の環境である場合、バックレたくなっても仕方がないといえます。

  • 人手不足
  • 過剰労働
  • パワハラ
  • 薄給

人手不足

常に人手不足な会社はバックレたくなる職場の王道です。

人が足りていないから、あれもこれもやらなければならないで残業時間がどんどん伸びていきます。

私のいた会社も常に人手不足で、社員はさまざまな仕事を押し付けられていました。

マルピギア

現場の事務なのに忘年会の動画の編集をさせられていた上司もいましたね・・・

残っている社員の負担だけがどんどん増えていくので、バックレたくなるのは自然でしょう。

過剰労働

労働時間が長すぎるのもバックレたくなる要因の一つです。

毎日毎日残業続きで、休日出勤までさせているような会社では、プライベートな時間が取れず辞めたくなります。

さらにひどい会社になれば労働基準法を無視して、長時間働かせているようなブラック企業もあるでしょう。

マルピギア

有休取れないとか、休憩が取れないとか、そんな会社が未だにあります。

バックレよりもこちらの方がよほど問題であるといえますね。

パワハラ

こういった会社はえてしてパワハラ気質の社員が多いものです。

必死で仕事をこなしているにもかかわらず、上司や他部署からは罵られることが日常茶飯事ならばバックレたくなっても無理はありません。

ブラック企業の上司は相手がやり返してこないことをいいことに、いくらでも怒鳴り散らかしてきます。

このような環境ではバックレるなという方が難しいですね。

薄給

そんな会社でも給料が高いならばまだ救いもありますが、実際にはそんなことは稀です。

少ない給料で見合わない業務をさせ続けるような会社がほとんどでしょう。

マルピギア

私の会社も手取りで20万ありませんでしたよ。

これではバックレられるのも当然ですね。

全体を通して言えるのはバックレたくなるような会社は全く社員のことを大事にしないということ。

なので悪はバックレたいと思っているあなたではなく、間違いなく会社の方なので気に病む必要はありませんよ。

会社をバックレるのはデメリット多数。面倒ごとが続きます

逃げる

ブラックな企業だとバックレたくなるのは当然といえますが、実際にバックレるのはおススメしません

これは別に「会社に迷惑がかかるから」というような、会社の肩を持つ意味ではありません。

会社を突然バックレると、あなたにとって非常に面倒な出来事がたくさん発生してしまうからです。

実際会社をバックレた友人には以下のようなリスクが待っていました。

  • 連絡地獄
  • 上司が直接来る
  • 親に連絡がいく
  • 退職がスムーズにいかない

連絡地獄

まず会社からあなたに連絡が鬼のように来ます。

まぁこれは当然ですね。本来なら来ているはずの人が来ていないのですから。

マルピギア

同僚がバックレた際も、上司が何度も電話をかけていました。

人によっては着信履歴が会社からの番号で埋まるくらいになるかもしれないので、着信音がトラウマになってしまいますね・・・。

親に連絡がいく

あなたに連絡がつかないと分かった場合、次は親の方に連絡がいきます。

こうなると親にもバックレたことがバレるので、非常に厄介ですね。

会社を辞めたい人の中には親に連絡がいくことを怖がる人も多いと思いますので、注意しなければなりません。

上司が直接来る

連絡を無視し続けていると、今度は上司が直接家にやってきます

もう会社の人の顔なんか見たくもないのに、上司が安息の地である自宅にやってくるのは恐怖でしかありませんね。

居留守を使うにしても、生きた心地がしなくなるでしょう。

マルピギア

同僚の家には、上司ともう一つ上の役職の人が一緒に向かいました。

退職がスムーズにいかない

そして会社をバックレると退職もスムーズに進まなくなります。

退職の際には離職票をもらったり、退職届を出したりとさまざまな手続きがありますがそれもできなくなるからです。

ようやく会社からバックレて逃げ出せたのに、書類をもらうため結局会社に行かなければならない、なんてことも・・・。

いずれにせよ、普通に辞めるよりかなり面倒なことに頭を悩ませなければならないのは間違いないでしょう。

マルピギア

同僚もその後しばらくは無職でいるということを、風の噂で聞きました。

退職代行ならバックレることなく堂々と会社を辞めることが可能

出社

上記のように会社をバックレると様々な面倒ごとが起きてしまいます。

これを解決して、かつ明日にでもなんのストレスもなく会社を辞める方法が退職代行サービスを使うことです。

退職代行を使えば会社への退職連絡もしてくれるし、手続きのやり方もサポートしてくれるため、上記のリスクを全て解消できます。

そのうえ依頼した次の日には会社に行かなくても大丈夫なので、まさにいいことづくめ。

会社をバックレたいけれど、デメリットを考えると怖い・・・という方は、ぜひ利用を検討してみてください。

以下の記事にて「安全・確実」に辞められる退職代行を厳選して紹介していますのでご参考にどうぞ。

マルピギア

当時退職代行を知っていれば、同僚に教えて辛い思いをさせずに済んだでしょう。
今でも心残りです。

退職した後の不安は実は起きない

悪口

バックレたくはなるけれど、その後のことを思うと不安で辞められない人もいると思います。

不安の種には以下のようなものがあるでしょう。

  • 残った人たちが大変になるんじゃないか?
  • 会社に訴えられるんじゃないか?
  • きちんと転職できるか不安

しかしこれらの不安はどれも杞憂であるので、心配しなくても問題ありません。

残った人たちが大変になるんじゃないか?

責任感の強いあなたは「会社をバックレたら残った人たちが大変じゃなかろうか」と心配して、辞めるのに踏み出せないかもしれません。

しかしそんな心配をする必要は一切なし

なぜなら欠員が出ても回せるように手配するのは会社の問題であり、あなたが考える問題ではまったくないからです。

仮にあなたが辞めたことによって業務が回らなくなったとしても、それは会社の責任であり、あなたには関係のないことです。

さらに言えば人がいなくなっても、案外会社というものは回るもの。

ちょっと言い方が悪くなりますが、あなた一人いなくなったとしても会社にはさして影響はありません

マルピギア

実際、私のいた会社も失踪者が何人も出ていましたが、業務が回らなくなることはありませんでした。

なので後のことは気にせず、堂々と辞めればいいんです。

損害賠償を請求されるんじゃないか?

会社をバックレたことによって、損害賠償を請求されるんじゃないかと不安になる人もいるかもしれません。

しかし結論から言えば、その可能性は限りなく低いのでご安心ください。

なぜなら損害賠償を請求するために、わざわざ裁判を起こさなければならないのはコスパが悪いからです。

裁判を起こすとなれば当然費用も掛かりますし、その為の準備の時間も必要です。

その費用を回収できるくらいの金額が請求できるならいいですが、たかがバックレにそんな金額を払わせることはないでしょう。

会社にとってはかなりメリットの薄い行為なので、損害賠償の請求は来ないと思って大丈夫です。

転職に不利ではないか不安

会社をバックレた場合、転職活動に影響が出ることを不安視されるかもしれません。

もし懲戒解雇になってしまった場合は、転職に不利になってしまう可能性があります。

懲戒解雇は離職票や退職証明書でバレるので、「解雇されるようなことをした人なんだ」と思われてしまうからです。

これを回避するためには合法的にバックレる必要があります。その方法は退職代行を使うこと。

後述しますが退職代行を使えば、即日でなんの問題もなく会社を辞めることが可能です。

転職活動にも影響を与えないので、安心して辞めることが出来ますよ。

まとめ:バックレたくなってもあなたは悪くない

まとめ

というわけでまとめです。

会社をバックレたくなったとしても、それは会社が100%悪いのであなたが気に病む必要はまったくありません

  • パワハラ
  • 人手不足
  • 薄給
  • 過剰労働

ただそのままバックレてしまうと様々な面倒が起こるので、退職がスムーズにいかなくなってしまいます。

マルピギア

そうならないためにも一人で何とかしようとせず、退職代行を使って辞めましょう。

そうすれば、もう会社に行く必要も上司と顔を合わせる必要もなくなりますよ。

この情報を知ったあなたはもう半分会社を辞めることが出来ているも同然です。

ぜひもう一歩踏み出して、ストレスのない退職を実現してください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

働かないで生きる術を模索するアダルトチルドレン。

目次
閉じる