グーグルアドセンスに申請をすると、

審査用のアドセンスコードをHTMLに張り付けるよう指示されます。

貼り付けを終え、ファイルを更新しようとすると以下のエラーメッセージが出て

更新ができないことがあります。

致命的なエラーをチェックするためにサイトと通信できないため、PHPの変更は取り消されました。SFTPを使うなど、ほかの手段でPHPファイルの変更をアップロードする必要があります。

これはレンタルサーバーのConoHa WINGを利用している際、

「WAF設定」が有効になっていると、この現象が起こるようです。

設定を一時的に無効にすれば、この問題を解決できます。

WAF設定とは不正アクセスによるサイトへの攻撃を防ぐものです。
基本的には有効にしておいて問題ありません。

スポンサーリンク

WAF設定変更の手順

1.ConoHa WING管理画面の「サイトセキュリティ」→「WAF」を選択
 利用設定をOFFにします。

*複数素材をConoHa WINGより引用

2.アドセンスコードの貼り付け

利用設定をOFFにしたら、

さきほどのアドセンスコードの貼り付けを再び行ってください。

ブラウザをいったん閉じる必要はありません。

3.WAF設定を元に戻す

アドセンスコードの貼り付け作業が終わったら、

忘れずに利用設定をONに戻しておきましょう。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事