【人生詰む】仕事が苦手な人の現状維持は衰退の未来しかない

今の会社の仕事にもなんとか慣れてきたな・・・
仕事は苦手だし、あとはこのまま現状維持をできればいいや・・

その考えだと、この先の人生詰むかもしれんぞ

まず残念なお知らせですが、

「会社で現状維持を目指すと、その先の人生詰みかねません」

 

とはいえ仕事が苦手な人間からすれば

・新しい業務を覚えなければならない

・業務が増えて大変になる

・業務のために勉強しなければならない

と、面倒なことが増えていくため

現状維持に走りたくなる気持ちも十分にわかります。

 

しかし、現状維持に甘んじていれば

いずれあなたは社会から必要とされなくなってしまうかもしれないのです。

 

でも大丈夫。

 

仕事が苦手な人間であっても

現状維持に逃げることなく、かつ

会社の業務に振り回されないやり方があります。

 

今回は現状維持を選んで、将来大変な思いをしたくないあなたに

その脱却方法を書きたいと思います。

この記事をよめば・・・
・そもそも現状維持が難しい理由が分かる

・現状維持を選択することによるリスク

・現状維持の考え方から脱却する方法

スポンサーリンク

会社での現状維持が難しい3つの理由

そもそも、会社で現状維持を望んでも

それは非常に難しいと言わざる負えません。

 

現状が維持されない理由は以下の3つ

・部署移動のリスク

・仕事仲間の退職のリスク

・AIのリスク

1つずつ見ていきましょう。

部署移動のリスク

まず現状維持が難しい理由のひとつ目が「部署移動」があることです。

 

部署移動を命じられてしまえば、

現状維持とはいってられず、新たな仕事を覚えねばなりません。

 

日本では一つのことに秀でた「スペシャリスト」よりも

まんべんなく業務をこなせる「ゼネラリスト」のほうが

重宝される風潮があります。

 

そのため、部署の仕事を覚えていって

ある程度安定してこなせるようになったと思ったら

また次の部署に行って違う仕事を覚えなければならない・・・。

部署移動

そんなことはとてもよくある話です。

 

「今のまま慣れた仕事を続けていけばいいや」と思っていても

部署移動を命じられたら、現状はすぐに変わってしまいます。

仕事仲間の退職のリスク

2つ目は「仕事仲間の退職」のリスクです。

 

一緒に仕事をしていた人が辞めてしまうと

その分の仕事がこちらに来てしまうかもしれないので

現状維持は難しくなってきます。

 

一昔前に比べて、転職が随分当たり前になってきた昨今。

 

同僚が突然「辞めさせていただきます」と言ってくる可能性は

十分にあり得ます。

私も以前の会社で、同僚が突如失踪したため
しばらくの間、慣れない仕事をした経験がありました。

 

また、同僚だけではなく定年退職で人が辞めること

もちろん考えられますね。

 

これまではベテランの人がやっていた仕事が割り振られるので

仕事が苦手でも、その分の仕事を覚えねばならなくなります。

 

こうなると現状維持は難しくなるでしょう。

AIのリスク

3つ目は「AIが発達してくる」リスクです。

 

昨今のAIの進化のすさまじさは言うまでもなく

既に様々な場所でAIは導入され始めています。

 

今まで人の手で行われた作業がAIによって

取って代わられていく、というのは

そう遠くない未来まで迫ってきているのです。

AI

仕事が苦手な人は、おそらく単純作業の仕事を

好んでいると思いますが、これ系の職種は

最もAIに取って代わられやすい業務です。

 

現状維持を選択して何もしなかった場合、

あっという間にAIに仕事を奪われてしまい

お金を稼ぐことが出来なくなる、という未来が

起きてしまうかもしれませんよ。

仕事が苦手でも現状維持を続けるとリスクは大きい

仕事が苦手だからといって現状維持をしようとすると

以下のようなリスクを背負わなければならなくなります。

・部署移動や退職で業務が増える

・AIの導入で仕事が奪われる

 

今は、まだいいかもしれないです。

 

しかし、現状の状況がいつまで続くかなんて何の保証もないんですよ。

 

これって怖くないですか?

 

現状維持を続けていた場合

なにもスキルが身についておらず

転職もままならなくなる可能性だってあります。

 

仕事で現状維持を続けて得られるのは、その会社でのみ通用するスキルですので

他では必要とされず、人生が詰みかねません。

 

現状維持の選択はたくさんのリスクを孕んでいるのです。

現状維持の衰退から逃れるためにやるべきこと

そうはいっても仕事が苦手だから
新しい業務を覚えるのは辛い・・・

 

そう考えている方がやるべきこと、それは

会社に頼らずとも生きていけるスキルを身に着けることです。

 

スキルを身に着けることが出来れば

会社に依存する必要がなくなり、個人で稼げるようになるので

・部署移動や退職のリスクとは無縁になる

・AIが台頭してきても仕事を奪われることはなくなる

といったメリットがあります。

 

そうなればなにも恐れることはありません。

 

例えばプログラミングのスキルは

AIには真似のできないものですから

取得してしまえば、大きな強みになります。

 

または、ブログを始めてみれば

ウェブライティングやウェブマーケティングのスキルが身に付きます。

ライティングのスキルを活かして
クラウドソーシングで仕事を探す、なんていうこともできますね。

 

スキルを身に着けて、現状維持の衰退から脱却しましょう。

まとめ・仕事が苦手な人の現状維持は衰退の未来しかない

とうわけでまとめです。

・会社で現状維持を続けることは非常に難しい

・現状維持を選択した場合、お金を稼げなくなるリスクが怖い

・スキルを身に着けて、現状維持の衰退から脱却しよう!

仕事が苦手だからといって、現状維持を選択するのは

後々のことを考えるとお勧めできるものではありません。

 

スキルを身に着けて、個人で稼ぐことのできる

働き方を目指していくことが大事です。

 

そしてその行動はすぐに始めるのが最善です。

 

早くスキルを身に着ける行動を起こさないと

退職による業務増やAI導入までに

間に合わなくなってしまいますよ。

 

最後にあなたの背中を押す

偉人たちの格言を乗せておきますので

これをみて奮起してください。

現状維持は衰退である・偉人たちの格言

【ウォルト・ディズニー】
"ディズニーランドはいつまでも
未完成である。
現状維持では後退するばかりである。

 

【松下幸之助】

「現状維持は後退の始まり」

人間、ともすると変わることに恐れを持ち、変えることに不安を抱く。

しかし、すべてのものが刻々とも変化する今日、現状に案ずることは、即、後退につながる。

今日より明日、明日より明後日と、日に新たな改善を心がけよう。

 

【福沢諭吉】

「進まざる者は必ず退き、退かざる者は必ず進む」

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事