【4ステップ】パソコンの漢字予測変換が2回しか出ない時の対処法

パソコンの予測変換が2回しかできなくなって困っていませんか?

 

具体的には以下のような症状です。

・文字を入力してスペースキーで変換しようとしても、変換候補が2つしか表示されない。

・変換キーや矢印キーを押しても反応せず、何もできない。

例えば「つき」と入力してスペースキーを押すと最初は「月」と変換され、次に「尽き」となった後、そこから変わらなくなるのです。

 

こうなると、テキストが全く打てなくなってしまうので非常にイライラいします。

 

今回の記事ではWindows10でこの症状になってしまったときに誰でも簡単に直せる対処法をご紹介します。

スポンサーリンク

パソコンの漢字予測変換が2回しか出ない時の対処法

対処法は以下の通り

  1. タスクバーの「あ」or「A」を右クリックしてIMEオプションを開く
  2. 「設定」をクリック
  3. 「全般」をクリック
  4. 「以前のバージョンのMicrosoft IMEを使う」をオンにする

1つずつ見ていきましょう。

タスクバーの「あ」or「A」を右クリックしてIMEオプションを開く

まずタスクバーにある「あ」や「A」と出ている個所を右クリックしてください。

IMEオプション

「設定」をクリック

右クリックをすると、項目がずらっと出てきますので、その中から「設定」をクリック。

設定

設定が見つからない場合

「設定」が見つからない場合は、こちらの手順を追加してください。

「全般」をクリック

出てきた設定画面の中から「全般」をクリックしてください。

全般

「以前のバージョンのMicrosoft IMEを使う」をオンにする

「以前のバージョンのMicrosoft IMEを使う」をオンにしてください。

以前のバージョン

これで作業は終了となります。

 

文字入力をして、正しく変換がされることを確認してください。

 

「設定」が見つからない場合

「設定」の項目が見つからない場合は、以下の手順を追加してください。

  1. Windowsアイコンを右クリック
  2. 「設定」をクリック
  3. 「IME」と入力して検索
  4. 「日本語IME設定」をクリック
  5. 「全般」をクリック
  6. 「以前のバージョンのMicrosoft IMEを使う」をオフにする
Windowsアイコンを右クリック

まずはWindowsアイコンを右クリックします。

Windowsアイコン

「設定」をクリック

出てきた一覧の中から「設定」をクリックします

「IME」と入力して検索

設定画面で「IME」と入力して検索をします。検索

「日本語IME設定」をクリック

検索結果に出てきた「日本語IME設定」をクリックします。

日本語IME

「全般」をクリック

設定画面の中から「全般」をクリックします。

全般

「以前のバージョンのMicrosoft IMEを使う」をオフにする

全般画面の下の方にある「以前のバージョンのMicrosoft IMEを使う」をオフにします。

以前のバージョン

これで「設定」の項目が表示されるようになります。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事