社会不適合者は正社員を目指す意味ないよ【メリットは薄いです】

今は非正規社員として働いているけれど、
やっぱり正社員を目指したほうがいいのかなぁ・・・。

でも正社員って大変そう。

どっちがいいんだろうか。

社会不適合者を自覚してるなら
正社員を目指すのはあまり意味がないのでお勧めしません。
今回の記事でその理由を解説します。
この記事をよめば・・・
・なぜ正社員を目指さなくて良いのかがわかる

・「正社員だから安定」が確実ではないと知れる

・正社員じゃないから自分はダメだ。と落ち込む必要もなくなる

 

こんにちは糠マル(@malpighia_blog)です。

非正規社員です。

 

まず始めに、社会不適合者の方は

正社員を目指すべきではありません。

 

日本は現在でも「正社員至上主義」が

強く根強いていて、

「正社員にならなきゃ!」という思考になりがちですよね。

 

もしかしたらあなたも

・正社員は安定しているから目指すべき
・非正規社員は将来のことを考えたら、辞めておくべきだ

と、半ば強迫観念のように

正社員を考えているのかもしれません。

 

しかし残念なことに、社会不適合者が正社員になると

精神的にかなり負担がかかることになります。

 

最悪、せっかく正社員として雇われたのに

早々に会社を辞めたくなってしまう可能性も・・・。

 

そうなるくらいなら、世間の風潮に流されず

正社員を目指さないほうが穏やかに生きていけます。

 

私も現在派遣社員として働いていますが

正社員になりたいとは、全然思いませんね。

 

そうは言っても正社員のほうが
いろいろと安心できるんじゃない?

 

と思われるかもしれませんが、

実は今の時代、正社員でも手放しで安心できるとはいえないのです。

 

今回の記事ではなぜ正社員を目指すべきではないのか、

その理由を解説していきます。

 

将来的に正社員になるべきか悩んでいる

社会不適合者の方の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

正社員を目指す意味がない理由

社会不適合者が正社員になる意味がない理由は

正社員のメリットが失われつつあるからです。

 

正社員のメリット考えた時、

以下のようなものが思いつきます。

・収入
・雇用
・社会保険
・クレジットカードの審査

しかし、こういったメリットも

働き方改革の影響であまり目立たなくなってきているのです。

 

1つずつ見ていきましょう。

収入

正社員のメリットを考えるとき

真っ先に思いつくのは、やはり「収入」でしょう。

 

非正規社員と比べて、収入が高めであることは

たしかに正社員のメリットであるといえます。

 

しかしちょっと待ってください。

 

その収入は、本当にあなたの仕事に見合うものでしょうか?

 

はっきり言って、正社員の収入は

その仕事量には見合ったものではないと思っています。

 

なぜなら、正社員の仕事はどんどんと増えていくからです。

増えない賃金

正社員ならば毎年昇給があると思いますが、

その額は2019年では、全体で5997円だそうです。

 

仕事や責任が積み重なっていったにも関わらず、

1年で上がる給料がゲームソフト1本分は、

随分と割に合ってないなぁと感じます。

 

仕事量が2倍になったからといって、
収入が2倍になるわけではないんですよね。

 

私は今の会社に派遣として入っていますが、

5年くらい先輩で、仕事を私より多くこなしている方の給料は

大して変わらない額でした。

 

わずかながらの昇給のために、

仕事や責任は倍々で増えていく・・・

 

仕事の不得意な社会不適合者が

そんな状況に耐えるのは困難でしょう。

 

これではメリットよりもデメリットのほうが大きいのではないでしょうか?

同一労働同一賃金

さらに2020年4月からは

同一労働同一賃金制度が始まっており、

中小企業でも2021年4月からは施工の対象となります。

 

簡単に言えば

「同じ仕事をしている人は性別や雇用形態に関係なく

 同じ給料にしましょう」

というものですね。

 

こうなると、「正社員は非正規に比べて給料が高い」

というメリットすら怪しくなってきます。

雇用

正社員といえば「安定した雇用」もメリットの一つとして考えられますが

それももう過去の話。

 

終身雇用の崩壊は既に始まっているからです。

 

終身雇用は右肩上がりの掲載状況を前提とした雇用制度なので

バブルの崩壊から不景気の続く現在の日本では

企業が終身雇用を継続していくことは、難しくなっていきます。

 

実際トヨタの社長もこんな発言をして、大きなインパクトを残しました。

「終身雇用守るの難しい」トヨタ社長が“限界”発言ーテレ朝news

 

社会不適合者でも正社員になっておけばとりあえず安心、

とは言えない時代になっているのです。

社会保険

正社員は社会保険完備だから安心!と考える方もいますが

今は正社員以外でも社会保険は普通に入れます。

 

なぜなら2016年10月から、社会保険の適用範囲が拡大され

非正規社員でも社会保険に入ることのできる仕事が

大きく増えたからです。

 

実際私は派遣として働いていますが、

普通に社会保険は完備されています。

 

また、地元の求人情報サイトも調べてみましたが

アルバイトやパートであっても、ほとんど完備されていました。

 

このように今は非正規社員であっても社会保険にちゃんと入れるので

それ目当てで正社員を目指す必要はありません。

クレジットカードの審査

正社員じゃなとい社会的信用が足りなくて

クレジットカードの審査に通らない!と考えがちですが

非正規でも審査はちゃんと通ります。

 

おすすめは楽天カードです。

 

楽天カードは審査が緩いため

申し込めば、ほぼ確実に受かることが出来ますよ。

 

実際私も前職でパートだったころに申し込みましたが

何の問題もなく審査を通ることが出来ました。

 

しかも楽天カードはメインとして使うにも

断然おススメできる、とてもお得なクレジットカードなので

ぜひ作っておくべきです。

 

このように、現代において正社員のメリットは

非常に薄くなっていることが分かると思います。

 

さらに、社会不適合者はそれに加えて

正社員になるとデメリットも付随してきます。

社会不適合者が正社員になった時のデメリット

社会不適合者が正社員になった場合に降りかかる

デメリットは以下の通り。

・責任が重い

・異動/転勤

・長時間労働

1つずつ見ていきましょう。

責任が重い

前述しましたが、仕事をすればするほど

自身の責任は重くなっていきます。

 

これは仕事が苦手な社会不適合者にとって

辛い状況でしかありません。

異動/転勤

正社員になると異動や転勤を命じられる可能性もあります。

 

辞令を出されてしまった場合、

正社員はそれを受け入れざる負えません。

 

社会不適合者は仕事へのキャパシティが少ないですから

様々な場所を経験させられる日本式の会社は相性が悪いです。

長時間労働

仕事が苦手な社会不適合者にとって

長い時間会社に拘束されることもデメリットです。

 

自分の仕事が終わらなかった場合

残業が発生する可能性もあります。

 

ブラック企業の場合は残業代の支払われない

「サービス残業」になってしまう恐れも・・・。

 

このように社会不適合者には

正社員になることのデメリットも多いのです。

まとめ

とうわけで今回の記事

「社会不適合者は正社員を目指す意味がない理由」

のまとめです。

 

これまでの時代、正社員には

・収入

・雇用

・社会保険

・クレジットカード審査

といったメリットがありましたが、

今の時代そのメリットは薄くなっています。

 

反対に

・重い責任

・異動/転勤

・長時間労働

といったデメリットもあるので、

社会不適合者は正社員を目指す意味はないのです。

 

なので正社員じゃないから自分はダメな人間なんだ、と

落ち込む必要はありません。

 

堂々と非正規社員になって、

空いた時間を副業や自己投資に使いましょう。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事