働くのが向いてなくて副業したいけど、残業で時間ない人がすべきこと

 

残業で副業の時間が取れない人
働くの苦手だから副業を始めたいけど、
残業が多くて時間が確保できない・・・。
どうすればいいのかな

 

 

 

 

 

 

まずは残業のない会社に転職して時間を確保しましょう!
会社で働くのが向いてないなぁ、と思う人は
副業を始めて、そこから稼いでいくというのも一つの手です。
しかし残業が常態化している会社の場合
副業する時間の確保が難しい、というお悩みもあるかと思います。
今回はそのような悩みを持つ方への解決方法をお話しします。
結論としては「残業のない会社へ転職すること」です。
そもそも残業とはどうしても業務に差し支える場合に
やむなくするものであり、
それが常態化している時点でおかしいです。
毎日のように残業がある場合、
まずは定時で帰ることのできる会社へ
転職すべきです。
そんなすぐに転職なんてできないよ・・・
という方の場合の対処法も合わせて書きますので
このまま進めてください。
スポンサーリンク

残業がなくなるとどうなる?

残業がなくなれば
当然その分の時間を副業に充てることができます
そもそも1日のうちに自由に使える時間はどのくらいあるのでしょうか?
私が以前の職場にいたときは
残業が毎日2時間ほど必ずありました。
この前提で考えると・・・
まず朝起きて準備に1時間
労働時間が8時間
休憩時間に1時間
通勤が片道30分として往復で1時間
残業が2時間
睡眠時間に7時間
帰ってからの食事やお風呂等で1時間
これらの時間を24時間から引くと
残ったのは3時間です。
ここから副業をするなら
趣味の時間を取るのは
ちょっと難しそうですね・・・。
しかし、残業がなくなれば
残りは5時間となるので
副業の時間もとりやすくなります。
残業を1日に2時間とすると
週休2日だと1週間の労働日数は5日なので
2×5で10時間。
1カ月の労働が22日として
2×22で44時間。
1年の労働が245日として
2×245で490時間。
1年で20日近く余計に働いていることになるのです!
これだけの時間を
わずかな残業代のために差し出すのは
もったいなさすぎますね。
そのぶんの時間を副業の作業なり
スキルの自己投資にかけるほうが
はるかに有意義です。

すぐには転職できないならば

そうはいってもそんな簡単に転職はできないよ・・・

けど副業にはなにか取り組んでおきたい・・・

という方は、ブログを始めてみるのをお勧めします。

 

ブログという副業が他の副業と違ってありがたいところは

・納期がない

という部分でして

完全に自分のペースで進めることができます。

 

1日1時間でもいいから少しずつ取り組んでいきましょう。

 

小さな前進でも確実に前に進んでいます。

 

 

おすすめ!

ConoHa WING

残業で副業の時間がない人への攻略法

というわけで残業で副業の時間が確保できない方は

まず残業のない会社への転職をしましょう。

 

このままの状態でいる場合

「残業をし続けて自由な時間がとれない」というリスク

常に持ち続けることになります。

 

しかし、残業のない会社へ転職すれば

このリスクをなくして時間を確保できるようになり

副業を有利に進められるようになるのです。

 

副業の時間がない方はぜひ

転職という攻略法で副業時間を確保してみてください。

 

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事