【たった3つ】ブログ初心者が自己紹介に入れるべき記憶に残る要素

ブログを始めたばかりの人が最初に書く記事として思いつくのが

「自己紹介記事」ではないでしょうか?

 

ですが始めたばかりだと、書ける内容が思い浮かばず

「とりあえず自分の生い立ちでも・・・」となってしまいがちです。

 

残念ながら、そのような自分語りを書いても

ほとんどの読者はそんなことに興味ありません。

 

それどころか、いい自己紹介文なら読んだ人の記憶に残ってもらえるかもしれなかったのに

そのまま離れていってしまう可能性も・・・。

 

とはいえ

「始めたばっかりなんだから、書けるようなこともないよ!」

とお考えの方もいらっしゃるでしょう。

 

そこで今回は同じくブログ初心者の私が考える、

まだ何も持ってない方が自己紹介文に盛り込むべき要素を

3つご紹介します。

 

この3つを盛り込んでおけば、少なくとも

自分語りで誰にも興味を持ってもらえない自己紹介文よりも

読者に記憶してもらえる自己紹介文にすることが出来ますよ。

 

ちなみに私自身のプロフィールを例に出して解説するので

こちらのプロフィールを同時に見ながらだと、わかりやすいです。

 

プロフィール

スポンサーリンク

ブログ初心者が自己紹介記事に盛り込むべき3つの要素

社会不適合者ブログ初心者が自己紹介文に盛り込むべき要素は以下の3つ。

・失敗談

・ビジョン

・方向性

1つずつ見ていきましょう。

失敗談

まず一つ目は「失敗談」です。

 

誇れるべきものは持っていなくても

失敗してきた体験なら、持っている方も多いと思います。

・会社で仕事が全然できなかったこと

・上司に何度も何度も怒られ続けたこと

・ダイエットを始めようとして何度も挫折してしまったこと

そういった失敗談はがっつり自己紹介記事に盛り込んでいきましょう。

 

これは「自己開示」というテクニックで

自分から失敗などのプライベートな体験談を開示すると

相手からより共感されやすくなるのです。

失敗談

ポイントはブログで発信したいことの失敗談を書くこと。

 

ダイエットのブログで、

様々なダイエット法を試しましたが、どれも挫折しました
というのは、共感を得られる失敗談ですが、

転職ブログで同じことを書いても、まったく関係ありませんからね。

私の場合

その後、新卒で入社するも馴染めずにわずか3カ月で退職。
数カ月のニート期間を経て、コンビニの食品工場へパートとして入社。
しかしここがまたとんでもないブラック企業でした。

ブラックだなとは思いつつも、転職する勇気も出ず
13年ほど勤めましたが、
パートから準社員に昇格となり、業務が激化。
ついていけず、ついに重い腰を上げ転職しました。

私の人生で、新卒で入った会社をすぐ辞めたこと

その後ブラック企業に入社し、13年も過ごしてしまったことを書いています。

 

同じように、新卒をすぐ辞めた人やブラック企業にいる方には

共感してもらえるプロフィールではないでしょうか。

ビジョン

二つ目の要素は「ビジョン」です。

 

ビジョンとは何かといえば、このブログを通じて

自分が何をしたいのか、読者さんにどうなってほしいのか

ということです。

・効果的なダイエット方法を発信し、同じく悩んでいる方の力になりたいと思っています。

・パソコン関連のガジェットのレビューを通じて、

 あなたのパソコンライフをより豊かにしていきたいと思っています

 

こういったビジョンを掲げることによって読者さんから強い共感を得られるともに、

「このブログはあなたにとって価値あるものなんだよ」と、ターゲットとしている人に

有益性を伝えることもできます。

ビジョン

 

誇れるものが何もなくても、これから成し遂げていきたい

「熱い想い」を語っていきましょう。

私の場合

このブログでは仕事が苦手で心が疲れている方に向けて
「どうすれば仕事で悩む心を少しでも軽くできるのか?」
をテーマに様々なことを発信しています。

会社で疲弊する日々から脱却し
何をやるにも楽しかった、中学生の頃を取り戻すこと。
これを最終目標に頑張っていきます。

私の場合、自身が仕事で辛い経験をしてきたことから

同じように辛さを感じている人たちに向け

どうすれば心が軽くなるのか?をテーマにブログを書いています。

 

そして最終目標は何をするにも楽しかった

中学生の頃の感情を取り戻すこと、です。

 

このビジョンが「刺さった」人は

以降ブログのファンになってくれる可能性があります。

ブログの方向性

3つ目の要素は「ブログの方向性」です。

 

「このブログはこんなことを中心に発信していますよ」という

具体的な内容ですね。

・ダイエットブログなら「ダイエット方法・食生活の改善・ダイエット器具」

・猫のブログなら「おすすめキャットフード・猫用の器具・猫の育て方」

こう言った具合。

 

雑記ブログの場合も、どんなジャンルのことを書くのか

書いておくと、読者さんにはわかりやすいでしょう。

 

これを書けば、あなたのブログでどんなことが書かれているのか

具体的に想像しやすくなりますし、

リンクを貼って誘導できるようにしておけば

移動もスムーズで見てもらいやすくなります。

私の場合

「シゴトニガテ人間の心を軽くする」というテーマの元
どうすれば心を軽くできるのかを
3つの軸で書いていきたいと思っています。

その3つとは
・仕事の悩みでの心を軽くする
・お金の悩みを軽くする
・趣味で心を軽くする

です。

私の場合は「仕事で辛い心を軽くする」をテーマに

『仕事・お金・趣味』という方向性で、ブログを書いていきたいと思っています。

 

もしかしたらこの先考えが変わるかもしれませんが

そのことは、その時になったら考えましょう。

できれば自己紹介に盛り込みたい要素

できれば自己紹介に盛り込みたい要素は

・数字

・実績

・パーソナルな情報

です。

数字

「読書が好きです」だけではなく「読書が好きで、月に10冊は読みます」のように

数字をいれれば、凄さがわかりやすくなります。

実績

「ダイエットで-10㎏に成功した私が伝えるダイエット法」

といったように、実績を入れることで、

「この人の書いてあることは信頼できることだ」

と読者さんに思ってもらいやすいです。

 

とはいえ、何も持ってない初心者にとっては

このあたりは難しいかもしれませんので

「できれば」ということにしておきます。

 

あと、嘘を吐くのはダメですからね。

パーソナルな情報

冒頭で「生い立ちなんて書かないほうがいい」とは言いましたが

さらっと書くくらいなら良いと思います。

 

人には「類似性の法則」というものがあり

自分に似た相手に親近感を持ち、信頼を寄せる傾向があるからです。

 

もしかしたら「おっ、この人同じ出身じゃん。なんか親近感沸くなぁ」

と思ってもらえるかもしれません。

類似性

ただ長すぎると、くどくなってしまうので

あくまで「さらっと」です

初心者が最初から手の込んだ自己紹介は必要ない

以上のように、初心者が盛り込むべき3つの要素を

書きましたが、

もっと色々書いた方がいいんじゃない?

と考える方もいるかもしれません。

 

しかしその必要はありません。

 

なぜなら、そもそも初心者ブログの自己紹介記事なんて

めったに読みに来る人なんていないからです。

 

読者さんにとって大事なのはあくまで「有益な記事」。

それなのにそこを疎かにして、プロフィール欄を書き込むのは

力の入れどころを間違えてます。

 

まずは読者さんのためになることを目指して

有益な記事を書き続けていきましょう。

 

自己紹介記事に凝るのは、

ある程度人が集まるようになってからで十分です。

初心者は自己紹介記事は固定ページで書くべし

自己紹介記事は、通常の記事ではなく

固定ページで書くことをお勧めします。

 

固定ページで書いておけば、

あとから修正する際にも、いちいち記事を検索する手間が少なくなるからです。

 

固定ページに自己紹介を作成するには

「固定ページ」→「新規追加」で、いつもと同じように記事を書きます。

固定ページ

あとは、サイドバーのプロフィール欄に

リンクを貼りつけてあげればOKです。

 

「外観」→「ウィジェット」→「メインサイドバー」を選択し「ウィジェットを追加」をクリック。

外観

すると横にあるメインサイドバーに

プロフィールが追加されてるので

URLを張り付けましょう。

サイドバー

ブログ初心者が自己紹介に入れる要素・まとめ

というわけでまとめです。

 

ブログ初心者が自己紹介に入れるべき、記憶に残りやすい要素は

・失敗談

・ビジョン

・方向性

の3つ。

 

とはいえ、自己紹介記事よりも

読者にとって価値ある記事を書くほうが何倍も重要なので

自己紹介にあまり力を入れすぎないようにしましょう。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事