キーボード

ブログで長時間文字入力をしてると指や手首が痛くなってくるんだよね・・・
なにか良い解消法はないかな?

その悩みは、キーボードを変えることで
解決できるかもしれないぞ。
この記事をよめば・・・

・Sculpt Ergonomic Keyboardの使い心地が分かる

・エルゴノミクスキーボードがブロガーにおすすめな理由が分かる

ブログなどで長時間キーボードを打つ作業をしていると
じわりと体に響いてくるのが、手首や指の疲れ。
場合によっては、キーボードを打つのが
辛くなってしまうくらい、疲れてしまうこともあります。
そこでおすすめしたいのが、Microsoftからリリースされている
エルゴノミクスキーボードSculpt Ergonomic Keyboard」です。

このキーボードを使えば、誰でも文字打ちの際にかかる疲労を
激減させて、快適な作業をすることが出来ます。
特に長時間文字を打つことの多い、
ブロガーやライターさんには、ぜひおススメしたい逸品です。
今回はそんなSculpt Ergonomic Keyboardを1カ月ほど使用した感想を
語っていきたいと思います。
キーボード

エルゴノミクスってなに?
アベノミクスみたいなもん?

全然違うぞ
先ずはじめに「エルゴノミクスキーボード」という単語自体
聞きなれない方もいらっしゃると思うので
その説明をさせていただきます。
エルゴノミクスとは、「人間工学」のことです。

エルゴノミクスとは、ハードウェアやソフトウェアなどを、快適で使いやすい道具にするための設計・デザイン、および、それに関する研究分野のことである。

つまりはエルゴノミクスキーボードとは
人間がより自然に、使いやすいように
作られたキーボードになります。
ちなみにエルゴノミクスはキーボード以外にも
マウスや椅子なんかにも応用されているんです。

いろいろなエルゴノミクスの商品があるんだね

ちなみに以前紹介したトラックボールマウスも
エルゴノミクスデザインだ

Sculpt Ergonomic Keyboard レビュー

キーボード
それでは早速エルゴノミクスキーボード
Sculpt Ergonomic Keyboardのレビューをしていきたいと思います。
Sculpt Ergonomic Keyboardを使っていて
良かった点は以下の通り。
  • 人間工学に基づいているから、使いやすくて疲れにくい
  • テンキーが分離してるから、手の移動が少なくて済む
  • 電池が長持ちでコスパ良し!
1つずつ見ていきましょう。

人間工学に基づいているから、使いやすくて疲れにくい

前述した通り、Sculpt Ergonomic Keyboardは
人間工学に基づいて設計されているため
非常に疲れにくいキーボードになっています。
キーボード

ぱっと見のインパクトが凄い形だよね
真ん中が割れてるし

だがそれがいいのだ
楽な姿勢になるように、手を机の上に置いてみてください。
どうでしょう?手が八の字になっていないでしょうか?
八の字
これがキーボードを打つ際に
最も負担の少なくなる姿勢です。
しかし、多くのキーボードは長方形の形になっていることがほとんどなので
手首が無理な体勢になってしまい、かなりの負担がかかります。
無理な姿勢
対してSculpt Ergonomic Keyboardはこの独特の形状により
キーボードの置く手が、自然と負担の少ない八の字になるので
負担を軽減することが出来るのです。
正しい姿勢
これにより、長時間キーボードを打っても
手首が痛くなくなるので、快適に作業を続けることが可能です。
また、キーボードの手首部分にはパームレストもついており
いい感じの柔らかさのクッションになっています。
こちらも疲労軽減に役立ちますよ。

テンキーが分離してるから、手の移動が少なくて済む

Sculpt Ergonomic Keyboardはキーボードとテンキーの部分が
分かれた状態になっています。
テンキー
キーボードからマウスまでの距離が縮まったことで
手の移動距離が短くなり、腕への負担が軽減されます。
以前使っていたキーボードと比べると約10㎝程
差がありました。
たかが10㎝ではありますが、毎日作業していると
この距離がじわじわと効いてきます。
以前は文字を打っていると、二の腕あたりが
痛くなることが稀にあったのですが
このキーボードに変えてからは、それもなくなりました。
さらに、テンキーが分離しているので
単純に省スペース化になっているのも嬉しいところ。
机の上がごちゃついていても、マウスを置くスペースを確保しやすくなっています。
テンキーが分離している型のエルゴノミクスキーボードは
中々珍しいため、それが選ぶ理由の一つにもなりますね。

電池が長持ちでコスパ良し!

Sculpt Ergonomic Keyboardは電池式のワイヤレスキーボードです。
使用するのは単4乾電池2本ですが
これがかなり長持ちします。
電池
商品を買った際、すでに電池が入っているのですが
2カ月たってもバッテリー切れを起こしてはいません。
電池の持ちが悪いと、それだけで出費がかさんでしまいますから
バッテリーが長持ちなのはコスパ的にもありがたいですね。
電池蓋の取り外しがドライバーではなく
磁石なので、簡単に外せるのも◎。
ちなみにテンキーの方はボタン電池になっており
こちらはドライバーが必要なのでご注意。

Sculpt Ergonomic Keyboardは使いづらくないの?

キーボード

なんか変わった形してるし、
使いづらそう・・・

すぐに慣れるし、使いやすすぎて
普通のキーボードには戻れなくなるぞ
ここまでSculpt Ergonomic Keyboardのメリットを書いていきましたが、
そうは言っても、「結局使いやすいのか?」は気になるところだと思います。
結論から言えば、数日で慣れるので問題ないです。
たしかに最初はその独特の形に戸惑いますが
ちょっと使えばすぐにその使いやすさを実感できるはずです。
そして数日たって慣れてくるころには
もうこのキーボードでないと違和感を感じるようになります。
一度、普通のキーボードに戻してみたことがあったんですが
「あれ、こんなに使いづらかったっけ?」とびっくりしてしまいました。
それくらい、使っていて快適なキーボードです。

Sculpt Ergonomic Keyboardはブロガーにおススメ!

以上、エルゴノミクスキーボード「Sculpt Ergonomic Keyboard」のレビューでした。
まとめとしては
  • 人間工学に基づいているから、使いやすくて疲れにくい
  • テンキーが分離してるから、手の移動が少なくて済む
  • 電池が長持ちでコスパ良し!
なので、長時間文字を打つ機会の多いブロガーには
非常におすすめできるキーボードになっています。
使い慣れれば作業効率をグッと上げることも可能です。
キーボードの入力作業で疲労を感じている人は
ぜひ検討をしてみてください。

関連記事

キーボードのほかにも、
マウスやディスプレイにも投資すると
より効率を上げることが出来ますよ!
                                                              

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事