社会不適合者は仕事で後輩に負けるのを気にしなくていい3つの理由

こんにちは糠マル(@malpighia_blog)です。

仕事の苦手な社会不適合者です。

 

仕事が苦手なため、後から入ってきた後輩にどんどん仕事で実力負けしている・・・、と焦ったり落ち込んだりはしていませんか?

 

どんどん成長していく後輩を見ていると、仕事のできない自分がなんだか情けなく思えてくることもありますよね。

 

でも実は社会不適合者にとって後輩に抜かれることは全然気にする必要のないことなんです。

 

なぜなら後輩に仕事で抜かれてしまっても、こちらにメリットなんか大してないから。

 

私は今の会社に勤めて2年ほどになります。

 

その間に入社した新人社員が私よりどんどん成長していくのを見てきましたが、特に悔しく思ったり焦ったりなんてことは思いませんでした。

 

今回の記事では後輩に仕事で負けることを気にしているあなたに、その必要が無い理由を教えます。

 

読めば明日から仕事で後輩に抜かれることにいちいち思い悩む必要がなくなるので、穏やかに過ごすことが出来ますよ。

 

今回のポイント
結論としては、

  • 頑張っても給料は大して変わらない
  • 仕事で出世することが社会不適合者の勝利ではない
  • 会社ではなく別の場所で勝てばよい

 

という理由で、仕事で負けても気にする必要はありません。

どうしても周囲の目が気になるなら、リモートワークの仕事への転職がオススメ。

【ReWorks(リワークス)】 はフルリモートに特化した転職サイトで、未経験でもできるリモートワークの仕事を探すことが出来ます。

登録だけでもしておくと、気が楽になりますよ。

\無料で登録・未経験もOK!/
スポンサーリンク

仕事で後輩に負けても給料は大して変わらない

気にしない

まず、たとえ仕事で後輩に負けたとしても給料は大して変わらないので頑張る意味は薄いです。

 

日本の会社というのは基本的に年功序列であり、

  1. 仕事のできないオジサン社員
  2. 仕事のできる若手社員

がいた場合、給料が多いのは前者の方になります。

 

なので後輩に負けないよう頑張って仕事ができるようになったとしても、大してお金は貰えないので無益な努力です。

 

お金は増えず、増えるのは仕事量と責任だけで割に合いません。

 

これが頑張れば一気に昇給10万円!とかなら、まだやる気が出なくもないですが、そうはなりませんからね。

 

私は後輩がどれくらいの給料をもらっているかは知りませんが、おそらくそこまで大差ない額でしょう。

 

そのわずかな差に悔しがって仕事を頑張るくらいなら、今の給料のまま穏やかに生活したほうが社会不適合者にはきっと生きやすいです。

 

むしろ後輩にどんどん追い抜かれて仕事をしてもらった方が、こちらは楽になってコスパがいいんじゃなかろうか

 

仕事で出世するのが社会不適合者の目的ではない

出世

仕事で後輩に負けて情けない・焦ってしまう・・・。

 

と思い悩む社会不適合者の方は、会社に行く目的がなんなのかを今一度考えてみるべきです。

 

あなたが仕事のできない社会不適合者だとしたら、会社へ行く理由は給料をもらうためであり、仕事ができるようになって出世することではないはず。

 

とりあえず仕事をこなして、生活できる分だけのお金がもらえればそれでよいのでは?

 

ということに気づければ、仕事で負けることに嫉妬や焦りに苦しむこともなくなります。

 

仕事は最低限こなしてお金さえもらえればよいと考えれば、仕事で負けることにわざわざ思い悩むのが馬鹿らしくなりませんか?

 

だって仕事で悩まなくてもお金は貰えるんですから。

 

あなたが会社へ行く目的がなんなのか、しっかりと考えてみてください。

仕事で後輩に負けても別の軸で勝てばよい

問題

そうはいっても仕事で負けてるのって、やっぱりなんか情けないよ~

と感じる方もいるかもしれません。

 

そういう人は仕事で負けていても、別の軸で勝てば良いのです。

 

具体的に言えば、副業やフリーランスなど個人で稼げる能力ですね。

 

個人で稼げるようになれば、仕事で負けていても情けなさや劣等感を感じる必要はなくなりますよね。

 

例えばプロブロガーであるヒトデさんは著書の中で、会社員時代は怒られ続けていたと語られています。

 

しかし続けていたブログで収益が発生し、上司の給料以上の額を稼げるように。

 

その後は脱サラをして現在はブログからの収益が毎月100万円を超えているそうです。

 

このように副業で稼げるようになれば、仕事で負けることを思い悩む必要はなくります。

  • 後輩に負けていて情けない・・・という感情
  • あいつは仕事のできない奴だ、という周りの視線

そんなのはすべて無視してしまってOK。

 

最終的に副業で稼げるようになれば問題ないのです。

 

仕事で後輩に負けたとしても、それはあなたがサラリーマンに向いていなかったというだけの話。

 

あなたが勝てる土俵に進んでいきましょう。

 

ちなみに社会不適合者の副業でにはブログがおすすめです。

どうしても仕事で後輩に負けるのが気になるなら、リモートワークに転職しよう

ただそれでもどーしても視線が気になってしまう人もいらっしゃるかもしれません。

 

そんな方はリモートワークの会社に転職してみましょう。

 

リモートワークなら在宅で一人作業ができ周りの視線を気にする必要が無くなるので、人と関わらない仕事が好きな社会不適合者にはぴったりです。

 

実際リモートワークを始めて、人間関係に悩むことが少なくなったという体験談は探せばいくらでも出てきます。

 

でも、リモートワークできるようなスキルもないし、地方だから無理だよ~

という方はご安心を。

 

【ReWorks(リワークス)】はフルリモートに特化した転職サイトであり、特別なスキルがなくてもできる様々なリモートワーク企業を探すことが出来ます。

 

リモートですので場所に関する制限もありませんし、未経験の方には無料の研修会やコンサルタントへの相談もあるので手厚いサポートを受けることも可能。

 

なのでリモートワーク初心者でも安心して転職先を探すことが出来ます。

 

周りからの視線が気になる方は、無料で登録してリモートワークのできる企業への転職を検討してみてください。

まとめ:仕事で後輩に負けても気にする必要はない

まとめ

というわけでまとめです。

 

社会不適合者は以下の理由から、仕事で後輩に負けたととしても気にする必要はありません。

  • 給料は変わらない
  • 出世が目的ではない
  • 別の軸で勝てればよい

 

仕事で勝つことが出来なくても、副業で稼げば勝つことが可能なので社会不適合者はその方向を目指しましょう。

 

もしくはリモートワークの会社に勤めるのも今の時代なら有効な手段です。

 

【ReWorks(リワークス)】はフルリモート特化の転職サイトですので簡単にリモート求人を見つけることが出来ます。

 

無料で登録できますので、とりあえず登録してみるのがオススメ。

 

\無料で登録・未経験でもOK/

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事