転職者よ、食品工場はやめとけ!転職先に選ぶべきではない理由まとめ

転職先を探して食品工場の求人を見つけたけれど、ここに決めるべきかどうか迷っていませんか?

求人票にはいいことばかり書かれているけれど、ネットではあまり良いうわさを聞かなくて不安になってしまいますよね。

ですがもしかしたらあなたは「食品工場は未経験でも受かりそうだし、もうここでいいや・・・」と深く考えずに入社を決めようとしているかもしれません。

筆者は13年ほどコンビニの食品工場で働いていましたが、そんな私からアドバイスすると食品工場は転職先に選ぶべきではないと断言します。

もし求人に応募しようとしているなら、回れ右して別の会社を探したほうがいいでしょう

マルピギア

なぜなら筆者が食品工場の社員として辛い日々を送っていたから

今回の記事では食品工場の生の声を知りたいあなたに、その実態をご紹介していきます。

この記事を読めば「食品工場に行くべきではない」と気づけるので、時間を無駄にすることが無くなりますよ。

\5分で登録完了/

目次

食品工場に勤めるのはやめとけと言える理由

教える

長年勤めてきた経験から言って、食品工場で働くのはやめておいたほうがいいです。

さまざまな理由がありますが、その中でも特に重要だと思う要素が次の5つ。

  • 常に時間に追われてピリピリしている
  • 連休は取れない
  • パートのおばちゃんたちを取りまとめないといけない
  • 身体が痛くなる
  • トイレに行けない

上記の要素を見て、ちょっと心が後ずさった方は、食品工場を選ばないほうがいいでしょう。

詳し解説は以下の【5つの理由】コンビニ食品工場社員はやめとけ!13年勤務元社員が語る

もっと知りたい!食品工場あるある50選

食品工場は普通の工場とは違った環境なので、実態が今一つイメージしづらいかもしれません。

そこでブラックな食品工場のあるあるを50個書き出してみました。

食品工場の求人に応募しようかどうか迷っている人は、この記事を読んでイメージを固めてみてください。

そして本当にその道が正しいのかどうか、しっかりと見つめ直してみてください。

詳しくは以下の【勤続13年】あなたの知らない食品工場あるある50連発!入る前に知ろう!をご覧ください。

食品工場の繁忙期はいつ頃なのか?

通常の会社と同じようにコンビニの食品工場にも繁忙期というものがあります。

この時期はかなり時間に追われるため、ただでさえ忙しい工場がより忙しくなり、非常に辛いです。

マルピギア

忙しい時には残業5時間なんて日もしばしば・・・。

そんな食品工場の繁忙期は365日24時間営業ということもあり、一般的な企業とはかなり時期が違います。

コンビニの食品工場の繁忙期をランキングで表すと

  1. 暑い日
  2. 年末年始
  3. 節分

となります。

その詳しい理由は以下の食品工場の忙しい時期はいつ?結構きつい繁忙期ランキングベスト3をご覧ください。

なぜ恵方巻は毎年大量に廃棄されるのか?

コンビニ弁当の食品ロスは社会的問題にもなっているため、知っている方も多いと思います。

その中でもとくに有名なのが恵方巻の大量廃棄問題

単純にもったいないですし、廃棄の費用には10億円もかかるといわれています。

なぜ捨てると分かっているのに恵方巻を作っているのか?

それには「フランチャイズ」というコンビニの運営の仕組みが起因しているのです。

フランチャイズとは「個人オーナー」が「コンビニ本部」から経営ノウハウや商品を売る権利を買い、売り上げの一部を支払う仕組みを言います

この仕組みによりコンビニ本部は作れば作るだけ儲かる、ということになり大量にノルマを課すようになるのです。

結果売れ残った恵方巻が大量に捨てられることになります。

詳細は以下の【食品ロスの闇】なぜコンビニ食品工場は廃棄する恵方巻を作るのか?をご覧ください。

ブラックな食品工場の珍エピソード

こう言っては何ですが、食品工場は底辺でブラックな職場です。

なので普通の企業では考えられないような珍事が色々と起こります。

労働基準法に違反しているようなこと、訴えられても文句の言えないようなパワハラ、それはもう様々な物を見てきました。

そんな中から珠玉のブラック珍エピソードを5本紹介します。

  • 休憩が取れない職場
  • トイレの電気を消して呼び出される事件
  • 1日中立ちっぱなしで説教
  • ボールペン1本1万円事件
  • 日勤と夜勤両方やるシフト事件

どれも実際に筆者が見たり、経験してきたことです。

このようなことがまかり通っているのが食品工場なので、気を付けてください。

それぞれの詳細なエピソードは食品工場で体験したやばいブラック珍エピソード5選にて

まとめ:コンビニ食品工場はブラックなのでヤバイ

まとめ

というわけで食品工場がいかにやばい場所であるかをまとめてみました。

正直な話、これでも氷山の一角だと思っています。

労働環境やら人間関係やら、細かいことまで考えだしたらキリがないくらいの職場だと思いますよ。

そんなやばい職場である食品工場ですが、ブラックであるがゆえに入れ替わりも激しく、面接に行けばほぼほぼ採用されます。

マルピギア

それが地獄の入り口であるとも知らずに・・・

もし食品工場への応募を迷っている方でこの記事を見た方は、そのあたりも踏まえて正しい行動をとっていただきたいです。

転職でこういったブラック企業を避けたいなら、転職サイトの利用がオススメ。

無料で掲載できるハローワークと違い、「お金を払ってでも良い人材を確保したい」という企業が掲載しているので、おかしな会社は載っていないからです。

リクナビNEXTならわずか5分で登録できて、全ての機能を無料で使うことが出来ます。

転職活動をすること自体は全くのノーリスクなので、ぜひ小さな一歩から始めてみてください!

\転職した人の8割が利用/

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

働かないで生きる術を模索するアダルトチルドレン。

目次
閉じる