コンビニ食品工場勤務の給料は安い?高い?給料が上がらない理由も解説

「コンビニ食品工場で働いているけど、なんだか給料安くない・・・?」と悩んではいませんか?

しんどくなるほど働いてこのくらいの給料なら、他の場所の方がもっと稼げるのではと不満を感じてしまいますよね。

実はその不満、小さな行動で解消することが可能なんです。

今回の記事ではコンビニ食品工場の給料が安いとお嘆きのあなたに

  • なぜ安く感じるのか
  • 昇給について
  • 給料が上がらない時の対処法

について解説していきます。

この記事を読めば給料の低いと感じるときにどうすればいいのかがわかり、不満を解消できますよ。

書いた人

マルピギア

  • 食品工場に13年勤務
  • 仕事が苦手なため怒られまくり
  • 退職して、残業のない会社へ転職
  • 副業ブログで稼げるように努力中
目次

コンビニ食品工場の給料は安いわけではない

まず結論として、コンビニ食品工場の給料はそこまで安いわけではありません。

これは母体となるコンビニ自体が大手であるためです。

例として、業界最大手であるセブンイレブンの弁当製造を手掛ける「わらべや日洋ホールディングス」のデータを見てみます。

2021年度のわらべや日洋ホールディングスの平均年収は、677万円でした(有価証券報告書調べ)。全国平均の年収が436万円であることを考えると、 全国平均よりも高い水準となっています。

【2021年最新版】わらべや日洋ホールディングスに転職すると年収はいくら? | 年代・役職別年収を業界比較で徹底分析!

全国平均よりも高い平均年収を保っているので、決して安い給料ではないことが分かります。

マルピギア

筆者も地方にある大手のコンビニ工場に勤めていましたが、周辺地区の給料と比較してみても安い給料ではなかったと思います。

であるにもかかわらず、周りの声を聞いてみると「給料が安い」と感じている人が結構いました。

なぜこのようなことが起きてしまうのでしょうか?

コンビニ食品工場の給料を安いと感じてしまう理由

コンビニ食品工場の給料が安く感じてしまう理由。

それは「給料に対して労力が見合っていないから」です。

食品工場の仕事というと「誰でもできる」という印象が強いと思いますが、実際にはそんなことはありません。

  • ライン作業はスピード勝負なので、とろい人はついていけない
  • 大量にいるパートさんの管理をしなければいけないので、コミュ力必須
  • カツカツの時間で回しているので、毎日残業がある

というように、かなりの激務になります。

給料自体は確かに悪くはないのですが、こういった労力に見合っている額かと言われると、ちょっと納得できない部分があるのが事実です。

食品工場には他にもきつい部分がたくさんあります。

詳しくは「コンビニ食品工場の正社員はガチできつい!辞めたいならすぐに準備すべし」をご覧になって、給料に見合う作業かどうかを想像してみてください。

コンビニ食品工場の給料が上がらない理由

コンビニ食品工場の給料がそこまで安いわけではないことは紹介した通りですが、そこから上がりやすいかどうかは別問題です。

おそらく出世コースに乗らない限りは、給料は上がりにくいと思ったほうが良いでしょう。

マルピギア

実際、筆者の給料もほぼ上がりませんでしたし、上司の明細を見せてもらった時も「この程度なの?」と感じました。

なぜコンビニ食品工場の給料は上がらないのか、理由は以下の通り。

  • 薄利多売
  • 辞めてもすぐ人が来る
  • 実力がない

1つずつ見ていきましょう。

薄利多売

理由の1つ目はコンビニの利益の上げ方が薄利多売なことです。

現代の日本に生きていて、コンビニを利用したことのない人はほぼいないでしょう。

コンビニに行けば、店で出すような商品と遜色のないクオリティの商品がお手ごろな値段で買うことが出来ます。

マルピギア

なぜそんな高クオリティの商品を安い値段で買うことが出来るのか?勘の良い方ならお気づきですよね。

そう、コンビニで働く人たちの人件費を抑えているからです。

コンビニの店舗や工場で働く人たちは、給料が上がらなくても文句も言わずせっせと作業をしてくれます。

その結果安い値段が維持できているわけです。

だから給料が上がらないわけなんですね。

辞めてもすぐ人が来る

2つ目の理由は「辞めてもすぐ人が来る」ことです。

コンビニ食品工場は給料はそれなりでも、激務であるため離職率が高い業界です。

ここで人が辞めて業務に支障が出るような状況なら、給料を上げて引き留まらせるという考えも出てくるでしょう。

しかし大手のコンビニ食品工場はその知名度故、人が辞めても割とすぐに人が補充されていくんですね

その結果、業務は問題なく回っていくので給料を上げる必要がなくなってしまいます。

実力がない

3つ目の理由は「単純な実力不足」です。

仕事で評価されないということは、もちろん給料も上がらないということです。

先ほども紹介した通り、コンビニ食品工場の仕事は誰にでもできるような簡単なものではありません。

実力が伴ってない人では、上司に叱責されたり部下やパートにバカにされたりしてしまいます。

このような実力が乏しい人は、なかなか給料が上がりにくくなるでしょう。

給料が上がらない時の対処法

コンビニ食品工場で働き続けても、給料が上がる見込みは薄いことがお判りいただけたかと思います。

ではそのような状況でどんな対処法をとるべきでしょうか?

給料が上がらない時に取るべき行動は以下の3つに絞られます。

  • 出世
  • 転職
  • 副業

出世

まず1つ目は出世を目指すルートです。

仕事を頑張って出世コースに乗りさえすれば、大きく稼ぐことは十分可能となります。

以前1度だけ課長クラスの人の明細を盗み見たことがあったのですが、50万近くは貰っていたのが見えて驚いたのを覚えています。

大手のコンビニ食品工場ならば、出世すれば給料の上がり幅は大きいので狙う価値は十分にあります。

ただし、冒頭にも書いた通りコンビニ食品工場は激務です。

「給料と労働が本当に見合っているのか?」はしっかりと考える必要があります。

転職

2つ目は転職を目指すルートです。

この3つの中では一番手っ取り早く給料を上げることが可能になります。

一昔前までと違い、現代では転職も一般化してきました。

より高い報酬を求めて職を変えることは、もはや当たり前のことなのです。

悩む人

けれど、どこに行けばいいのかなんてわからないし、
転職には二の足を踏んじゃうよ・・・。

そんな人におすすめなのが、転職活動「だけ」を始めてみることです。

リクナビNEXTなら5分で登録が終わります。

あとは自分のプロフィールに合わせて、自動で相性の良い求人のオファーが届くんです。

そこから求人を眺めてみて、良さげなものがあれば応募してみればいいし、無ければ無視すればいいだけ。

登録によるデメリットはほとんどありませんよ。

最初の小さな一歩だけでも行動してみると達成感がありますよ。


\転職者の8割が利用/

副業

3つ目のルートは副業をすることです。

副業は簡単に稼ぐようになることはできませんが、コツコツと続けていけば本業の稼ぎを大きく上回る収入を得ることも可能になります。

また食品工場の仕事は、これからAIに取って代わられる可能性が高いです。

その時のために会社に依存せず、個人で稼げるスキルを磨いておくのも非常に重要になってくるでしょう。

なので副業を始めて、会社以外の収入源を持つ行動を始めることをおススメします。

副業のための第一歩としてやっておきたいのがクラウドソーシングサイトへの登録

クラウドソーシングサイトとは様々な人が仕事を発注し、不特定多数が受注できるサイトです。

クラウドワークスココナラには無料で登録できるので、まず登録してみてどんな仕事があるのか体験しておくといいですよ。

まとめ:コンビニ食品工場の給料は安いと感じるなら、次の行動を始めよう

まとめ

というわけでまとめです。

  • コンビニ食品工場の給料は安いわけではない
  • 安いと感じてしまうのは「労力と見合っていないから」
  • 給料は安くはないけど、上がりにくい
  • 安いと感じるなら、稼ぎを上げるための行動をとろう

ただ真面目に働いていても、給料はそこまで上がりません。

マルピギア

なので小さくてもいいから「稼ぐための行動」を始めていきましょう

そうすれば、間違いなく良い方向へ人生が進んでいきますよ。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

働かないで生きる術を模索するアダルトチルドレン。

目次
閉じる