デュアル

こんにちは糠マル(@malpighia_blog)です。

 

パソコンで作業をするとき、パソコンの作業をしていて効率が悪いなと感じることはありませんか?

 

実はその悩み、モニターを増やせば解決することが出来るんです。

 

モニターを2枚にする「デュアルモニター」を導入すれば、広く画面を使えるようになり作業効率が大幅にアップします。

 

 

しかし

デュアルモニターをやってる人は見るけれど
なんか難しそうだし、それだけの価値はあるのかな・・・?
1台でなんとかなってるし・・・

と、あと一歩を踏み出せない方もいらっしゃるかもしれません。

 

そんな方に向けて声を大にして言いたい。

「デュアルモニターにすると作業効率爆上がりするので絶対にやったほうがいいよ」と!

 

私はパソコンでこのブログを書いていますが、デュアルモニターの作業効率の良さを知ってしまったら正直モニター1枚での作業にはもう戻れません!

 

(便利すぎて2枚じゃ飽き足らず、3枚にしてしまいました)

 

今回は長年デュアルモニターを使ってきた私が

  • メリット・デメリット
  • 必要なもの
  • デュアルモニターのやり方

を解説します。

 

この記事を読めば、パソコン作業の効率を上げたいあなたもデュアルモニターの良さがわかるようになります

スポンサーリンク

デュアルモニターのメリット

メリット

まずはデュアルモニターにすることのメリットをご紹介します。

 

私の考えるデュアルモニターのメリットは以下の通り。

  • 作業スペースが広くなる
  • アプリ切り替えの手間がなくなりストレス軽減
  • 別の作業を同時に並行してできる

1つずつ見ていきましょう。

作業スペースが広くなる

    一つ目のメリットとして、作業スペースが広くなることが挙げられます。

     

    モニターを増やしたのだから当然、スペースも倍になりますよね。

     

    特にパソコンに小さめのモニターを使っている方なんかはこのことにより、広い画面を使えるようになるので、1画面の時には窮屈だった作業を快適に行えるようになります。

     

    勉強机を思い出してみてください。

     

    狭い机では教科書やノート、筆記用具などを全部乗せていると、ごちゃごちゃしていてとても勉強がしづらいと思います。

     

    しかし、図書館で大きな机を使えば勉強道具を広々と展開することが出来るので、とても作業がしやすくなるでしょう。

     

    デュアルモニターにすれば広いスペースを確保できるので

    快適なパソコン作業が可能になりますよ

    アプリ切り替えの手間がなくなりストレス軽減

    2つ目のメリットは「アプリ切り替えの手間がなくなること」です。

     

    例えばエクセルの作業をしているとき

    この計算はどうすればよかったんだっけかな?

    と思った場合、1画面の時は

     

    タスクバーでブラウザを開く→検索する→再びタスクバーでエクセルに戻る

     

    という動作をしなければなりません。

     

    この一連の動作、意外と面倒なんですよね。

     

    検索した解決法が一度で覚えきれなかった場合には

    • 何度もブラウザとエクセルを往復しなければならなくなる
    • 間違えてタスクバーの違うアイコンを誤クリックしてしまう

    なんてこともあると思います。

     

    しかし!2画面があればそんな面倒な作業も不要。

     

    メインの画面にはエクセルを表示しつつもう1つの画面の方にブラウザの検索結果を表視させておけば、いつでも自由に解答を見ながら作業をすることが出来ます。

    1画面でも画面を半々にして表示することもできますが、

    1つ1つが狭くなってしまって、見づらくなることは否めません。

     

    2画面で画面切り替えの必要がなくなることにより、ストレスが大幅に軽減されますよ。

    別の作業を同時に並行してできる

    3つ目のメリットは「別の作業を同時に並行してできる」ことです。

     

    例えば動画編集者なら、メインの画面で動画編集ソフトを編集をし、サブの画面では素材となる画像や音声を探すことができます。

     

    またプライベートな使用でも、ゲームをしつつもう一つの画面ではYouTubeを垂れ流す・・・なんてこともできます。

     

    作業だけでなく、遊びの部分でもデュアルモニターを導入することはおすすめできます。

    デュアルモニターのデメリット

    では次にデュアルモニターにすることのデメリットを書いていきます。

     

    デュアルモニターのデメリットは以下の通り。

    • お金がかかる
    • モニターのスペースが必要
    • 目、首が疲れる

    1つずつ見ていきましょう。

    お金がかかる

    モニターをもう1枚用意しなければならないので、当然ですがその費用が掛かります。

     

    サイズにもよりますが、24インチの大きさなら大体15000円前後の出費になると思います。

     

    ただ、その出費に見合うだけの費用対効果は間違いなくあるのでとくにパソコン作業が多い方は、投資すべきだと思いますよ。

     

    ちなみに私は最初、使わなくなったテレビをモニター代わりにしていました。
    HDMIなどの端子がついていれば、問題なく使えます。

    モニターのスペースが必要

    モニターが増えるならば、モニターを置くスペースを確保しなければなりません。

     

    机の上にはモニター以外にもキーボードやマウス、人によってはスピーカーなども置かなければならないでしょうから、ある程度余裕のある机は必要になってきます。

     

    しかし、「机を買い替えるのはちょっと・・・」という方もいるでしょう。

     

    そんな方にはモニターアームを使うことをおすすめします

     

    モニターアームがあれば机にモニターを置く必要がなくなるので、小さな机でもスペース確保問題を解決できます。

     

    しかもモニターアーム自体もそれほど高価なものでもないのでお財布にも優しいです。

    目、首が疲れる

    モニターを左右、または上下に置くことになるのでその分、顔や目線を動かさなければならないため目や首が疲れてしまうのもデメリットです。

     

    モニターを見るためには結構頻繁に首を動かすことになるのですが、これがなかなか負担になります。

     

    特に上下で設置している場合、上を見て下を見ての動きを繰り返すのは予想以上に首に負荷がかかるようで、かなり首凝りに悩まされました。

     

    現在は上に設置したモニターにはそこまで重要なものを映さず
    あまり見なくてもいいようにしています。

     

    デュアルモニターのメリットを得るのに必要な物

    モニター

    デュアルモニターの魅力はわかってもらえたでしょうか?

     

    次にデュアルモニターにするには何が必要なのかを説明します。

     

    個人的に必要だなと思うものは、以下の通り。

    • モニター
    • ケーブル
    • モニターアーム
    • 電源タップ

    モニター

    当然ですがモニターは必須ですよね。

     

    ここで気になるのはどれぐらいの大きさが良いのか?ということ。

     

    個人的な意見ではありますが24インチ前後が丁度良いと感じています。

     

    これより小さいと文字が見づらいですし逆に大きいと視線移動が疲れます。

    ケーブル

    パソコン本体とモニターをつなぐケーブルも必要です。

     

    注意点はちゃんと対応している端子を買うこと。

     

    おそらくHDMI・D-SUB・DVI・ディスプレイポートあたりが端子として備わっていると思うので

    間違えないようにしましょう。

    それぞれ別の端子になってる!という時は変換ケーブルをつかえばOK

     

    モニターアーム

    モニターアームはなくても問題はありませんが、あると省スペースになって机に物を置けるようになりますし自由に場所を移動できるので導入するのをオススメします。

     

    左右と上下、どちらにするかを考えて購入しましょう。

    電源タップ

    意外と必須だなと思っているのが電源タップです。

     

    モニターを使うにはコンセントから電気を取る必要があるのでコンセントの数が少ない場合、困ったことになります。

     

    パソコン周りなら本体の電源のほかにプリンターやスピーカーがコンセントに差さっている場合もあると思いますので、電源タップで増やしておくのが良いと思います。

     

    ちなみにうちはゲーム機のコンセントが大量にあるので電源タップはいっぱいいっぱいです

    デュアルモニターのやり方

    ケーブル

    必要な物が準備出来たら、いざデュアルモニターにしてみましょう。

     

    といっても特に難しい操作は必要なし。

     

    モニターとパソコン本体をケーブルで繋ぐ、ただそれだけです。

     

    たったこれだけで、あなたのパソコンはデュアルモニターに大変身します。

     

    グラフィックボードが搭載されているパソコンの場合はそちらに接続します。

    デュアルモニターのメリット・デメリット まとめ

    というわけで、デュアルモニターのメリットとデメリットは

    メリット
    作業スペースが広くなる
    アプリ切り替えの手間がなくなりストレス軽減
    別の作業を同時に並行してできる
    デメリット
    お金がかかる
    モニターのスペースが必要
    目、首が疲れる
    でした。
    確かにデメリットとなる部分はありますがそれを補って大きなメリットをもたらしてくれるのがデュアルモニターですのでぜひ導入してみてください。

    Twitterでフォローしよう

    おすすめの記事