転職の履歴書で手書きかパソコンどっちにするか迷う前に取るべき行動

転職のために履歴書を書こうと思うけど、

手書きとパソコンどっちにすべきだろうか・・・?

転職のために履歴書を書こうと思ったときに

「手書きかパソコンか」は誰もが考える悩みですよね。

今回はそれをどちらがいいの迷っている方の疑問に答えます。

結論としては「最初の電話をする段階で聞いておく」べきと思います。

スポンサーリンク

最初に聞いておくことのメリット

転職をしようと思ったら、求人誌などで目当ての企業を見つけ

電話で面接などのアポイントを取りますよね。

その際に「履歴書はパソコン書きでも大丈夫でしょうか?」と聞いておくのです。

もしそこで「パソコンでも問題ないです」と言われれば

そこからパソコンで履歴書を書き始めましょう。

社会人の方なら大体ご存じでしょうが、

履歴書を手書きするというくだらない行為は、非常に時間がかかってしまうものです。

これをパソコン書きで短縮できるなら、それに越したことはありませんよね。

履歴書の手書きがくだらない理由

履歴書を手書きする場合、こんな面倒ポイントがあります

・単純に時間がかかる
・書き間違えたら即終了
・字が下手だとそれだけで不利

一つずつ見ていきましょう

単純に時間がかかる

キーボードで打てば、あっという間に書き終わる文章も

手書きだとその何倍もの時間がかかってしまいます。

住所が長い場合とかとてもめんどくさいですよね。

パソコンならパパパッと打ち終えられるものを

いちいち番地までちまちま書かなければいけない・・・

ほんと非効率的。

書き間違えたら即終了

履歴書の手書きで一番面倒な部分てここですよね。

ちょっとでも誤字・脱字があればすべておじゃん。

それまでいい感じに書けていたとしても、

たった一か所のミスのせいで、すべてが水の泡になってしまい

最初から書き直しになってしまいます。

学歴や資格・志望動機まで書いた後

見直したらミスを発見し、

「んがあああああああああああっ」

悶絶してしまう体験をした人は少なくないと思います。

字が下手だとそれだけで不利

よく言うじゃないですか、

「字が下手でも丁寧に書こうという気持ちがこもっていればいい」みたいな感じのこと。

個人的にはあれ嘘っぱちだと思ってるんで。

字が下手な奴がどんだけ丁寧に書いても

やっぱり字が上手な人の履歴書の見やすさには敵わないんですよ。

私は字がドへたくそな分類の人間なので

わざわざマス目とか定規で引いて、可能な限り丁寧に書いたんですが、

上手い人の履歴書を見させてもらってちょっと凹みましたからね。

字が下手な奴が時間をかけてようやく80点の文字をかけたとしても

上手な人はその数分の一の労力で同等の見やすさのものを仕上げます。

デジタル書きならそんな差はなくなるのになぁ。

もしパソコン書きがOKなのに、それを知らずにこんな作業をしていたら

時間も精神力も大きく浪費してしまうことになります。

こんな無駄を出さないためにも、

最初の段階で聞いておくことは重要です。

転職体験談

私が転職活動をした際に受けた会社は4社だったのですが、

その中で聞いたうち、手書きとデジタルの割合は

手書き:2
デジタル:2

でした。

サンプルが少ないので何とも言えないですが

半々なら意外とパソコンOKなところも多いのかな?という印象です。

聞いてみる価値はあると思います。

パソコンOKなら履歴書作成に時間を取られることもなく、

志望動機などの大事な部分に時間を使うこともできますからね。

まとめ

というわけで、手書きかデジタルか迷ってるくらいだったら

最初の電話の段階で聞いてしまいましょう。

そこで手書きのみと言われたら仕方ないですが、

パソコンOKならばラッキーですからね。

それにしてもこの履歴書手書き文化は本当になくなってほしいですね。

最近ではハンコのデジタル化が話題になっていますが、

一緒に履歴書のデジタル化も推し進めてはくれないものでしょうか?

どうですか菅総理?

では今回はこの辺で。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事