仕事での成長はいらない!成長がどうでもいい理由と本当にやるべきこと

こんにちは糠マル(@malpighia_blog)です。

会社での成長とかどうでもいいと感じる社会不適合者です。

 

「仕事では成長しなければならない!」という上司や世間からの圧力に辛さを感じてはいませんか?

 

成長しようと思っても社会不適合者は仕事が苦手ですから、思うようにいかず自己嫌悪に陥りがちですよね。

 

しかし極度の社会不適合者である私から言わせてもらえば、会社での成長などどうでもいいと断言します。

 

なぜなら仕事で成長するよう頑張っても特にメリットは大きくなく、社会不適合者にとってもはそれよりもやるべきことがあるから。

 

今回の記事では社会不適合者には会社での成長がいらない理由と本当にやるべきことをお伝えします。

 

この記事を読めば仕事で成長しなければならないという強迫観念から解放され、スッキリすることが出来ますよ。

 

さらに仕事での成長の代わりにやるべきこともわかるので、将来を不安に思うこともありません。

今回のポイント
社会不適合者に会社での成長はいりません。

その代わりやるべきことは「自分自身の成長」に全力を注ぐこと。

具体的には副業で個人で稼げるようになれるよう成長できる行動をとることです。
まずは最初の第一歩としてクラウドワークスに登録してみるのをおススメ。

小さな一歩を着実に歩んでいけば、いずれは会社に頼ならくても生活できるようになり、会社に縛られない生活が出来るようになりますよ。

スポンサーリンク

仕事での成長はいらない理由

ポジティブ

会社での仕事は最低限の給料がもらえるくらいのことを覚えれば十分です。

 

それ以上の仕事での成長がいらない理由は以下の通り。

  • 給料は変わらない
  • 仕事量が増えてミスしやすくなる
  • そもそも仕事が苦手だから成長は無理!

1つずつ見ていきましょう。

給料は変わらない

まずいくら仕事で成長したとしても日本の会社では給料は大して変わりません。

 

日本の会社は年功序列の気質がまだまだ強く、給料の額は頑張る若手<働かないおじさんであることがほとんどです。

 

会社へ行く最大の理由はお金のためであり、そのお金が増えないのだとしたら成長するメリットは全くと言っていいほど皆無。

 

なぜ会社が「成長しろ」と言ってくるかといえば、給料を増やせないから成長という甘い言葉で誤魔化しているだけにすぎません。

 

仮に成長したとしても、それはその会社でしか通用しないようなものであることがほとんど。

 

会社から一歩外に出れば役に立たない知識なので、頑張って覚えてもコスパが悪いですね。

 

私も前職ではシステムの使い方を必死に覚えましたが、今は全然覚えてません

 

給料が変わらないのに必死になって成長をしようとするのは、自ら会社の奴隷になりにいっているようなものです。

仕事量が増えてミスしやすくなる

さらに言えば、頑張って成長しても増えるのは給料ではなく仕事量の方です。

 

仕事で成長して早く業務を終わらせられるようになったとしても、待っているのは空いた時間にまた新たな仕事をぶち込まれます。

 

必死になって成長したのに給料は増えず、仕事と責任だけがどんどん積み重なっていくのです。

 

仕事のご褒美が仕事という最悪の循環

 

こうなると単純に仕事量が増えるためミスをする確率も、もちろん上がっていきます。

 

ミスをしないようにするために精神力を酷使する時間が増え、ストレスも溜まりやすくなる一方。

 

それでも当然ミスをすれば怒られることになり、怒られるのが苦手な社会不適合者にとっては成長して仕事量を増やすのは得策ではないといえるでしょう。

そもそも仕事が苦手だから成長は無理!

そもそもにして社会不適合者は仕事が苦手なので、成長すること自体が難しいといえます。

 

人が普通に出来ることが出来ない、躓かないところで躓くのが仕事が苦手な社会不適合者だからです。

 

私も仕事を覚えようとしてはミスをし、「こんなこと常識でしょ」と怒られたことは一度や二度ではありません。

 

社会不適合者が成長したとしてもせいぜい-100が-80になったくらいのものであり、普通の人から見ればマイナスであることに変わりありません。

 

社会不適合者が多少成長しても、普通の人には敵わないのです。

 

だとすれば最初から成長することは諦めて、必要最低限の仕事だけで済ませるのがお利口な選択といえます。

 

ただ仕事で成長せずにいると、会社でお荷物扱いされて最悪クビを言い渡される可能性があるのも事実。

 

そのリスクに備えて仕事の成長を諦めた分、社会不適合者は別の部分で成長する必要があるのです。

仕事での成長を止めてやるべきこと

モチベーション

社会不適合者が仕事での成長を止めてやるべきこと、それは「自分自身のための成長に力を注ぐこと」です。

 

ここでいう「自分自身のための成長」とは「会社に依存しない個人で稼げるようになる能力」のことと定義します。

 

自分自身が成長して個人で稼げるようになれば、もう会社に縛られる必要もなくなるので仕事が苦手な社会不適合者も生きやすくなります。

 

クビをちらつかされても余裕を持てるようになりますよ

 

私はこのブログで少額ではありますが、お金を稼ぐ経験が出来ました。

 

なので「会社に頼らなくてもお金ってちゃんと稼げるんだ」と余裕を持てています。

 

最悪今の会社をクビになったとしても、パートとかで最低限稼いで副業をやっていけばいいなと思えていますね。

 

自分自身の成長に力を注ぐことを始めれば、人生に対してかなり余裕を持つことが出来ますよ。

自分の成長のためのおススメ行動

問題

自分自身の成長のためにおススメする自己投資行動は以下のもの。

  • 読書
  • 副業

1つずつ見ていきましょう。

読書

誰でも手軽にできる自己投資が読書です。

 

読書をすれば以下のようなメリットを得ることが出来ます。

  • 新しい知識を得ることが出来る
  • 語彙力・文章力が鍛えられる
  • 有意義な休日を送れる

文化庁が平成30年度に行った「国語に関する世論調査」によると、一カ月に一冊も本を読まないという回答は全体の47.3%にもなります。

 

さらに「1.2冊」は37.6%、「3.4冊」は8.6%、,「5,6 冊」と「7 冊以上」がそれぞれ 3.2%となっています。

 

つまり、1冊でも本を読めばそれだけであなたは日本人の上位半数に入ることが可能なんです。

 

是非読書を始めて、有意義な時間を増やしてみてください。

 

「時間がなくて読書をする暇もないよ・・・」という方は、聴く読書であるAmazon「Audible」がオススメ。

 

Audibleは本を耳で聞くことができ、両手と両目がフリーになるので、他の作業をしながらの読書が可能になります。

  • 通勤での運転時間
  • 家事の最中
  • ちょっとしたランニング
  • 目を使いたくないけど読書したいとき

こういった「何もできないのがもったいないなあ・・・」と思っている隙間時間を自己投資に使うことができますよ。

副業

もう一つ始めてみてほしいのが副業です。

 

副業を始めて稼げるようになれば、前述のように会社に縛られずに生きることが可能になります。

 

最初に始める一歩としてはクラウドソーシングへの登録をしてみるのがハードルが低くおススメ。

 

クラウドソーシングとは、不特定多数の人にインターネット経由で業務を委託すること

 

クラウドワークス ココナラ といったクラウドソーシングサービスには、たくさんの仕事が発注されているので自分に合ったものを探してみましょう。

 

どちらも無料で簡単に登録できますよ。

まとめ:仕事の成長はいらないので自分の成長をしよう

まとめ

というわけでまとめです。

 

仕事での成長は以下の理由から、必要ありません。

  • 給料は変わらない
  • 仕事量が増えてミスしやすくなる
  • そもそも仕事が苦手だから成長は無理!

それよりも大事なのは「自分自身の成長」に力を注ぐこと。

 

そのための行動は早ければ早いほど効果的です。

 

とはいえ、いきなり行動を始めるのがちょっと怖い気持ちもわかります。

 

そんな時はノーリスクなことから小さく始めてみるとヨシ。

 

クラウドワークス ココナラ の登録なら無料で簡単に出来てノーリスクなので、とりあえずやってみて損はしないですよ。

 

\日本最大・みんなに選ばれてるソーシングサイト/

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事