シフト制の仕事は辛い?メリットデメリットを元工場勤めが解説

こんにちは糠マル(@malpighia_blog)です。

シフト制で働いていた元工場勤めの社会不適合者です。

 

転職でシフト制の求人を見つけたけど、土日休みとはどんな違いがあるのか不安だ・・・と感じてはいないでしょうか?

 

土日休みが当たり前だった人にとってシフト制の働き方はどのようなものなのか想像しづらいですよね。

 

実はシフト制って土日休みとかなり勝手が違うので、正直おススメはできないんです。

 

私はシフト制のコンビニ食品工場で10年以上勤務してきたので、そのメリット・デメリットがよく分かっています。

 

今回の記事ではシフト制の求人を見つけて気になっているあなたに、そのメリット・デメリットを解説していきたいと思います。

 

この記事を読めばシフト制の職場に対するイメージを掴みやすくなり、求人に応募するか否かの判断がしやすくなりますよ。

 

今回のポイント
シフト制にはメリット・デメリットがそれぞれあります。

大事なのはそれを踏まえて、自分に合った働き方をできるかどうか、ということ。

  • あまり友達と遊ぶ機会の少ない人
  • 銀行や病院を気兼ねなく利用したい人
  • 将来的に転職を考えている人

はシフト制の仕事を考えてみる価値があると思います。

スポンサーリンク

シフト制の仕事のメリット

ライン

それではシフト制で働くことのメリット・デメリットを解説していきます。

 

シフト制の最大のメリットは平日に休めることです。

 

なぜなら平日に休みがあると、

  • レジャー施設
  • 公的機関
  • 転職活動

を利用する際に非常に都合がいいからです。

 

これが唯一にして最大のメリットだと個人的には思っています。

1つずつ見ていきましょう。

レジャー施設

映画館や遊園地といったレジャー施設に平日に行くことが出来るようになるのは、大きなメリットです。

 

なぜならこういったレジャー施設は休日は人でごった返すため、人混みが苦手な人だとかなり疲れてしまうから。

 

しかし平日なら空いているので、とても快適に楽しむことが出来ます。

 

私も平日に人のいない動物園にふらっと行ってのんびりしたりしましたね
人混みが苦手な方には、平日休みはありがたいと思います。

公的機関

役所・病院・銀行といった公的機関を利用しやすいのも、平日に休みが取れることのメリットです。

 

こういった公的機関は、普通の企業が終業するころにはもう閉まっていますし、土日はやっていないことが多いもの。

 

そのため週末しか休みがない場合、なかなか行きづらいなってしまいます。

 

しかし平日休みがあれば、問題なく利用することが可能です。

 

席が近かったパートのおばちゃんも平日に銀行を利用できるのが助かると言っていました。
こういった公的機関を利用する機会の多い人は、シフト制を選ぶのも良いかもしれません。

転職活動

個人的に一番恩恵が大きかったのが、転職活動を平日に行えたことでした。

 

平日がすべて仕事の場合、面接を受けるのにも有休をとるか、相手に無理を言って終業後や土日に

アポを取らなければなりません。

 

しかし平日休みなら、当然その心配もいりません。

 

私も平日に面接してもらったり、アドバイザーの方との面談をしたりと非常に都合が付けやすく助かりました。
平日休みではなかったら在職しながらの転職活動はできなかったでしょうね。

シフト制の仕事のデメリット

続いてシフト制で働くことのデメリットを解説します。

 

私が思うデメリットは主に以下の4つ。

  • 大型連休は取れない
  • 普通の人と休みが合わない
  • 休みの間でも連絡が来る可能性がある
  • 生活サイクルが狂うので健康に悪影響
1つずつ見ていきましょう。

大型連休は取れない

基本的にシフト制の社員の場合、大型連休を取ることはできません。

 

なぜならシフト制の工場は24時間営業をしている場所が多いので、連休を取れる場所は難しいからです。

 

正月も盆もGWもないので、季節感を感じることはかなり無くなります。
食品工場における大型連休の扱いについては【やめとけ】食品工場は地獄!10年以上務めた元社員が語る5つの理由をご覧ください。

普通の人と休みが合わない

普通の土日休みの会社で働いている友人とは、なかなか遊べなくなります。

 

シフト制だと土日でも仕事が入る可能性がありますので、休みを合わせるのは難しくなりますね。

 

週末に友達とワイワイ遊びまくって楽しむぞ!
という方には、きついかもしれません。

休みの間でも連絡が来る可能性がある

自分が休みの日でも、会社から連絡が来る可能性があります。

 

休みの日とはいっても、休んでいるのは自分だけで会社はいつも通り動いているわけですからね。

 

私も休みの日に会社から連絡がかかってきた経験が多々あります。
休日なのに「会社から連絡が来るのではないか?」となかなか気が休まらないこともあり、なんだか疲れが取れた気がしませんでした。

生活サイクルが狂うので健康に悪影響

これは現場の社員たちを見て思ったことなのですが、24時間営業のシフト制の場合生活リズムがうまく取れないようでした。

 

シフト制を採用している職場の現場社員は、日勤と夜勤を交互に繰り返すシフトで働いています。

 

若いうちはまだいいかもしれませんが、年を取るとだんだんきつくなっていくであろうことは容易に想像できましたね。

 

将来のことを考えると、他人事ながら少し不安に思ってしまいました。

 

(出世すれば夜勤に入るようなことはなさそうでしたが)

あなたはシフト制の仕事は向いてる?3つのチェック項目

教える

ここまでシフト制におけるメリット・デメリットを解説しました。

 

ここであなたがシフト制に向いている人がどうかを判断する3つのチェック項目を考えましたので、参考にしてみてください。

  1. あまり友達と遊ぶ機会の少ない人
  2. 銀行や病院を気兼ねなく利用したい人
  3. 将来的に転職を考えてる人

1.あまり友達と遊ぶ機会の少ない人

シフト制だと友人と休みの予定が合いづらいのでなかなか遊びに行くことが出来なくなります。

 

普段から遊びに行く用事の少ない人なら、シフト制は向いているかもしれません。

2.銀行や病院を気兼ねなく利用したい人

土日休みだと、どうしても銀行や病院に行きづらくなります。

 

有休を使えればいいですが、ブラック企業だった場合それも難しいです。

 

公的機関をよく利用される方はシフト制を選んでみてもいいかもしれません。

3.将来的に転職を考えてる人

入る前から転職のこと考えるんかい!ってな突っ込みもありそうですが平日休みだと転職活動が捗るのはガチです。

 

入った会社が必ずしも自分に合うかは分かりませんので一考の価値はあると思います。

シフト制の仕事で自分の望む働き方ができるかどうか考えよう

出世

今回の記事でお伝えしてきた通りシフト制にはメリット・デメリットがあります。

 

大事なのは、それによって自分の望む働き方が可能かどうかを考えることです。

 

その部分をじっくり考えて、求人に応募するか否かの判断をしましょう。

 

「まぁ深く考えなくても大丈夫でしょ~」みたいな軽い気持ちだと後悔することになるかもしれませんよ。

 

ちなみに私はシフト制はきつかったのであまりおススメしません。

 

今は普通に土日休みの会社に勤めてます

 

シフト制が自分に合う働き方なのかどうか、しっかりと悩んでみてください。

シフト制の仕事は辛いのか?まとめ

というわけでまとめです。

 

シフト制のメリット

平日休みなので
・レジャー施設
・公的機関
・転職活動
の利用が容易
シフト制のデメリット
・大型連休は取れない
・普通の人との休みは合わない
・休みの間でも連絡がくる可能性がある
・生活サイクルが狂うので健康に悪影響

自分の望む働き方に合わせてシフト制を選ぶかどうかを判断しましょう。

 

もし「シフト制はやっぱり合わなそうだ」と感じたなら、転職サイトを使って仕事を探すのがオススメですよ。

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事