タイピング初心者がブラインドタッチを練習するのにおすすめのサイト
タイピングが速くなりたい人<br>
タイピングが速くなりたい人

文字を打つのが速くなりたいな・・・。

ブラインドタッチを習得して、キーボードを見ずに文字を打てるようになれば

ブログ執筆にかかる時間を縮めることができるはず。

初心者におすすめなタイピング練習のサイトはあるだろうか?

今回の記事では、初心者の方がブラインドタッチを習得するのに

おすすめのサイトを紹介いたします。

ブラインドタッチとは、キーボードを見ずに文字をタイピングすることです。

キーボードの文章入力にあまり触れてこなかった方は、

ぜひとも会得したいスキルですが、

独学で勉強するのはちょっと難しいですよね。

今回はそんなブラインドタッチ初心者の方でも

わかりやすく勉強ができる練習サイトをご紹介したいと思います。

これができるようになれば、言うまでもなくブログ執筆の作業効率は上がります。

ぜひとも便利なスキルを身に着けてみてください。

スポンサーリンク

初心者のタイピング練習に最適なサイトは「ひよこでも出来るタイピング練習講座」

これからブラインドタッチを練習しよう!と意気込んだ方が勉強を始めるのに

一番おすすめなサイトは「ひよこでも出来るタイピング練習講座」です。

なぜこのサイトがおすすめなのか?解説したいと思います。

初歩の初歩から教えてくれる

このタイピングサイトは指を置く位置という本当の初歩の初歩から

タイピングを教えてくれます。

ブラインドタッチには「ホームポジション」という

正しい指の位置があり、どのキーをどの指で押すかがきちんと決まっているのです。

ひよこのタイピングでは、まず片手の真ん中列(ASDFGの5このキー)から

位置を覚えるための練習を始めてくれるので

入門として、とても入り込みやすくなっています。

初心者の方がブラインドタッチを覚え始める際に

まず大事なのは「正しい指の位置と打ち方」を覚えることです。

そのためにも初めての方は初心者向けのサイトで練習を始めることをお勧めします。

たまに人差し指だけで打つとか、変わった打ち方で早い方もいますが
そういう人たちは「何年もそれでやって慣れている」からです。
これから始める方が、独学で我流の癖がついてしまうと非効率的なので、
最初から正しい型を覚えることをお勧めします。

タイピングの練習で大事なのは「繰り返すこと」

では、具体的にどのように練習をすべきかというと

「繰り返し行うこと」に尽きます。

タイピングの練習問題を繰り返し繰り返し

何回もキーを打つことにより

正しい位置と動きを指に染み込ませるのです。

これは皆さんがかつて勉強したであろう九九の掛け算と同じです。

あなたも九九を覚えるとき、2×1=2 2×2=4 2×3=6・・・と

何回も紙に書いて覚えましたよね?

そうして繰り返していくと、いつからかそれを考えずともわかるようになり、

今では2×2=?と聞かれれば、

無意識に「4」と答えることができるようになっていると思います。

タイピングも同じです。

何度もキーを打つことにより、いずれは「Aを打つのは右手薬指だな」というのが

無意識のうちにわかるようになってきます。

それができるようになるため、繰り返しキーを打って練習しましょう。

ブラインドタッチ習得の利点

ブラインドタッチができるようになる利点としては、

作業の効率化・時短が可能になることです。

具体的な例をざっと考えてみますと

・仕事の事務作業
・ブログ執筆
・オンラインゲーム

なんかが思いつきます。

仕事の事務作業

仕事ではエクセルやワードを使って事務作業をすることが

大体の業務で発生するでしょう。

そんなときブラインドタッチで文字を打つことができるようになれば

作業を効率的に進めることができます。

ブログ執筆

ブログ執筆は言わずもがなですね。

ブラインドタッチ習得で文字を打つスピードが速くなれば

それだけ記事を書く時間を短くすることができます。

オンラインゲーム

遊びの部分だとブラインドタッチを習得すれば

オンラインゲームを遊ぶ時にも便利です。

ゲームのチャットで話しているときに

タイピングのスピードが遅いと

会話の流れに遅れてしまいますからね。

初心者向けタイピングサイトでブラインドタッチを練習しよう

もちろん私も最初はキーボードを見ないで打つ、なんてことはできませんでしたが、

練習した結果、いまではブラインドタッチが可能です。

(スピードはそこまで早くありませんが(^_^;))

このスキルは現在ブログ執筆においてとても役立っているので、

習得しておいてよかったと思います。

未習得だったら、多分今より数倍の時間が記事作成にかかっていたでしょうね。

皆さんもぜひ頑張って練習して、ブラインドタッチを覚えてみてください。

では今回はこの辺で。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事