残念ですが会社の体質は簡単に変わらないです【結論:さっさと転職】

こんにちは糠マル(@malpighia_blog)です。

なかなか転職に踏み出せなかった社会不適合者です。

 

会社に嫌気がさしてるけど、「このまま待っていれば会社の体質が変わって、良い職場環境になるんじゃないか?」と自分をごまかしてはいませんか?

 

転職活動は面倒ですから、できればやりたくないのでついこんなことを考えてしまいますよね。

 

でも実はそんな人こそさっさと転職活動を始めるべきであるといえます。

 

なぜなら残念ながら会社の体質が変わる可能性は限りなく低いからです。

 

私も転職に踏み出せず会社に期待していたこともありましたが、10年以上経っても体質は変わらず、もっと早く転職すべきだったと思いました。

 

この記事では会社が変わるのではと期待しているあなたに、会社はそう簡単には変わらない理由をお伝えします。

 

今回の記事を読めば会社に期待することが無意味なことだと分かり、次の一歩を踏み出す決意が出来るようになりますよ。

今回のポイント
会社の体質が変わらないのは「現状維持バイアス」が働いているためです。

会社が変わるのを待つよりも、自分が変わったほうが間違いなく手っ取り早いため、すぐに行動を起こしましょう。

行動が怖い人はとりあえずノーリスクなことから始めてみるのがオススメ。

リクナビNEXT なら無料で簡単に登録できるので、そこから始めてみましょう。

スポンサーリンク

会社の体質が変わらない理由は「現状維持バイアス」

上司

 

なぜ会社の体質は変わらないのでしょうか?

 

 

結論としては人間が「現状維持バイアス」というものも持っているためです。

 

現状維持バイアスとは、環境が変化することにより

「何かを失うかもしれない」という不安が

「何かを得られるかもしれない」という期待を上回るために、

変化を避け、現状に固執するようになる現象です。

 

そしてそれは、会社という大きな組織であっても同じ

 

現状でとりあえず問題なく回っている会社の体質を変えようとした場合、

  • 新しい設備の導入する手間
  • 知識を勉強するための時間捻出
  • 従業員への再教育

というような、様々な面倒ごとが起こる可能性を会社の人たちは考えます。

 

すると、たとえ変化後のほうが優れていたとしても「面倒だからこのままでいいよな」という判断を下してしまいます。

 

この現状維持バイアスこそが、会社の体質が変わらない原因なのです。

私の会社の体質が変わらなかった体験談

ライン
現状維持バイアスについて、私の前会社である食品工場の例を一つ上げたいと思います。

 

その会社では業務が忙しく、社員が休憩を取ることは基本的に出来ていませんでした。

 

もちろん違法です。

 

しかし社員は誰もそれに異を唱えることはせず、「この会社はこういうところだから」と諦めて働いていました。

 

本来であれば上の人がその状況を改善すべきところですが、それも一切なし。

 

「いままでずっとそれで回ってきたのだから、必要が無い」という認識だったのです。

 

これこそまさに典型的な現状維持バイアスのかかった例ですね。

 

私がいた10年以上この状態は続きました。

 

どう考えても休憩時間がとれない状況はおかしいものです。

 

しかし「上司との交渉は面倒だな」「言えば怒られてしまうかもしれない」と社員たちは思い、誰も何も言い出せなかったのです。

会社の体質が変わったきっかけ

しかしその後、この体質が変わるタイミングがありました。

 

それが電通での過労による自殺事件です。

 

この自殺事件をきっかけに、「工場でも休憩時間をちゃんと取らせるように」というお達しが来ました。

 

それ以降は社員も休憩時間を取れるようになったのですが逆に言えば、それくらいの大ごとが起こらなければ会社は変わらないのです。

 

これでも会社が変わってくれるという期待を持ち続けることが出来ますか?

余談ですが労働基準法において賃金の時効は2年(当時)であるため、遡って2年の休憩時間分の賃金が支払われたようです。

まぁ、長く勤めていた人にとっては完全に損ですが。

会社の体質は変わらないから自分が変わったほうが早い

出社

以上のように会社の体質はそう簡単に変わるものではありません。

 

対処法としては会社が変わるのを待つよりも、自分が変わってしまうことです。

 

そちらの方が何倍も早いので、淡い期待は捨てて転職活動を始めてしまいましょう。

 

転職が面倒、というあなたの現状維持バイアスを打ち破ってください。

 

このまま会社に居続けるとこれから先も憂鬱な気分が続くことになり、そのうち年齢が上がって転職のリスクも高まっていきます。

 

行動が早ければ早いほど、リスクを軽減して大きなリターンを得ることが出来ますよ。

 

それでも一歩踏み出すのができない、という方は小さな一歩として転職サイトの無料登録から始めてみてはいかがでしょうか?

 

リクナビNEXTならグッドポイント診断で自分の長所を見つけてもらえるので履歴書の自己PRを書く時にも役立ちますよ。

 

まとめ:会社の体質が変わるのを待つのは損です

というわけでまとめです。

 

人間には「現状維持バイアス」というものがあるので、会社の体質はそう簡単には変わりません。

 

会社が変わるのを待つくらいなら、自分が変わったほうが間違いなく早いので、転職活動の一歩を踏み出していきましょう。

 

会社が変わるかもと、ありもしない期待を抱いていると人生の貴重な時間を失ってしまうことになりますよ。

 

 

リクナビNEXT への無料登録だけでもいいので、小さな一歩を踏み出してみましょう。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事