転職失敗で後悔してる奴にならないための、たった1つの質問

こんにちは糠マル(@malpighia_blog)です。

これまで2回転職した社会不適合者です。

 

転職はとても大変な作業で、社会不適合者はできれば何度も経験はしたくない行為ですよね。

 

しかし、せっかく大変な思いをして転職をするのに入った後で「やっぱり失敗だった・・・」と後悔してしまう可能性もあります。

 

苦労して転職活動したのに後悔しかない転職をしてしまったら、辛いですよね。

 

でも実は、たった1つの質問について考えることによって、これからの転職が後悔するものになるかどうかを簡単に判断できるのです。

 

そこで今回は転職を後悔したくないあなたに、失敗を事前に判断できるたった1つの質問を問いかけます。

 

この質問について考えれば、失敗する転職で人生が狂ってしまう可能性をグッと減らすことが出来ますよ。

 

そして、もし「転職で後悔しそう・・・」となった場合に取るべき行動も合わせてご紹介します。

今回のポイント
結論としては転職の理由が

  • 業務に不満がある
  • 労働自体が嫌

のどちらなのかをしっかり考えることです。

前者の場合は不満を解消できる転職先を探すのが重要。

リクナビNEXT ポジウィルキャリア といった転職系サイトを使えば、1人で仕事を探すよりもはるかに効率的に、自分に合う職業を見つけられます。

\ 無料で相談・1万人以上の実績 /
後者は転職しても後悔する可能性が高いので、その場合は副業を始めて個人で稼ぐ力を伸ばすことをおススメします。

副業の第一歩としてクラウドワークス に登録してみましょう。

無料で出来て時間も数分で終わるので、気軽に登録できますよ。

\無料で登録/
この記事を書いた人

 

糠マル

  • 労働が苦手な30代派遣社員
  • ブラック食品工場に13年勤務
  • アダルトチルドレン社会不適合者
  • 怒られるのが大嫌いで、どうすれば怒られないで済むかを日々考える
スポンサーリンク

転職失敗で後悔してる奴にならない為、考えるべきたった1つの質問

教える

では早速、あなたが転職に失敗しないかどうかを判断する1つの質問をしたいと思います。

 

それは・・・

「あなたが転職したいのは『業務に不満がある』か、それとも『労働自体が嫌だから』のどちらですか?」

です。

質問

どうですか?答えはどちらになりましたか?

 

もし前者ならば、あなたは転職しても後悔はしません。

 

しかし後者だった場合、転職を失敗だと感じてしまう可能性が高くなります。

 

その理由を解説していきましょう。

転職して後悔しない奴とする奴の違い

ポジティブ

転職して後悔しない奴とする奴の違い、それは「現状の不満を転職によって解決できるかどうか」の違いです。

 

転職したいということは、今の職場に何かしらの不満がありそれを解消したいと思っているのだと思います。

 

しかし、「業務」と「労働」どちらが嫌なのかによって、不満を解決できるかどうかは大きく変わってくるのです。

不満が「業務」の場合

もしあなたが不満に思っていることが「業務」の場合、転職によって後悔する可能性は低くなります。

 

なぜなら、転職によって環境を変えればあなたの不満は解決されるためです。

転職を後悔しない

例えば、あなたが現在の会社に持っている不満が「自分の能力の割に給料が低い」ということだったとします。

 

この場合、転職によって今よりも給料が高い会社に内定することが出来れば、不満を解決できることになり、転職による後悔は起こりません。

 

他にも「会社での人間関係が煩わしい」ならリモートワークの企業に入れば不満を解消できます。

 

このように「業務の不満」が転職したい理由の場合は、転職失敗で後悔することにはならないのです。

ただし、仕事をしながらの転職活動だと時間も足りないし、いい求人も見つけづらいです。

リクナビNEXT のような転職サイトを使えば、様々な求人が掲載されているためあなたに合った仕事を見つけやすくなります。

また【ReWorks(リワークス)】 はリモートワークに特化した転職サイトですので、リモートの仕事を重点的に探したい人はこちらを使用するのが効果的です。

どちらも無料で登録できますよ。

不満が「労働自体」の場合

問題は、転職したい理由が「労働自体が嫌い」という場合です。

 

こちらの場合、転職に失敗して後悔する確率が高くなってしまいます。

 

なぜなら、たとえ良い会社に転職が決まったとしても会社に所属している以上「労働」からは逃げられないから。

転職を後悔

なにを隠そう、これは私が実際に体験しました。

 

私が以前の会社を辞めた後、転職を考えた際に

「残業が嫌いだから、残業のない会社に行けばきっとやる気が出るに違いない」

と考えていました。

 

そして、私は見事に残業の少ない会社を見つけその内定をゲット。

 

これからやる気に満ちた会社員生活を送れると思っていたのですが・・・数カ月たったころには「辞めたいなぁ」と思うようになっていました。

 

当初の望み通り、残業なんかほとんどない仕事であるにも関わらず、です。

 

そう、私は「業務が不満」で転職したと思っていたのですが本当は「労働自体が嫌」な社会不適合者だったのです。

社会不適合者

このように、労働自体が嫌なことを知らずに転職した場合、後悔してしまうことになります。

 

では社会不適合者が転職失敗で後悔しないためにはどうすればよいのでしょうか?

転職で後悔してる奴にならないためにやるべきこと

問題

「労働が嫌」な人間は転職しても後悔する可能性が高いです。

 

では、そんな人はどうすればいいのか?

 

やるべきことは副業を始めて自力で稼げるようになることです。

 

副業で稼げるようになれば、会社に縛られる必要がなくなるので、ストレスのない人生を送ることが出来るようになります。

 

 

副業

例えばクラウドワークス ココナラ といったクラウドソーシングサイトに登録して仕事をこなせば

会社に頼らずとも稼ぐことが可能です。

 

また時間はかかりますが、ブログを書いてそこから収益が出るようになれば、不労所得を得ることだってできるようになります。

副業」いろ色

とはいえ、

「労働が嫌なのはわかったけど、このまま今の会社居続けるのも辛いんだ!

 副業で稼げるようになるまで居たくないよ!」

と考える方もいるでしょう。

 

そんな時はまず、残業と責任の少ない派遣やバイトといった非正規の仕事に転職して、そこから副業を始めるのがおすすめします。

 

秘跡の仕事なら時間の確保もしやすくなるので、副業の時間も取りやすくなります。

 

\ 採用されただけでボーナスが貰える /

 

今の時代、正社員のメリットも薄くなっているのでこだわる必要はありませんよ。

転職で後悔しないためにも、個人で稼げる力を身に着けておきましょう。

まとめ:一番の後悔は「何もしないこと」

では今回のまとめです。

 

これから転職を考えている人は

転職したい理由は『業務に不満がある』か、『労働自体が嫌だから』のどちらなのか?

を考えましょう。

 

前者の場合は、不満を解決できる会社に転職すれば後悔をすることはありません。

 

しかし後者の場合、いい会社に入っても労働からは逃げられないので後悔する可能性が高くなります。

 

そんな人は、派遣で残業や責任の少ない仕事に就いて副業で稼げるようになりましょう。

 

そうすれば煩わしい労働をする必要はなくなりストレスのない人生を送ることが出来ますよ。

 

一番後悔するのは現状に不満を持ちながらも「何もしないこと」です。

 

ほんの小さなことでもいいですので、一歩だけでも進んでみませんか?

 

転職で後悔しないための情報を集める力をあなたは既に持っています。

 

その努力の才能があれば、きっと後悔しない選択肢を選ぶことができますよ。

 

\無料で登録/

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事