ブログに他人のTwitterを引用するのは問題なし!【やり方とメリット解説】

色々な人のブログを見て、他人のTwitterでのツイートを自分のブログに埋め込むのは大丈夫なのかと思うことはありませんか?

 

他人のツイートを勝手に埋め込んで、あとから問題になったりでもしたら面倒だし怖いですよね。

 

でも実は調べてみたところ、他人のツイートを埋め込むことはTwitterの機能を使えばまったく問題ないことが分かりました。

 

さらに他人のツイートを埋め込むことは、ブログ的にも大きなメリットがあるんです。

 

この記事ではツイートの引用が問題ない理由と、引用のメリットを解説していきます。

 

今回のポイント
結論としては、ツイートの引用が問題ないことは、Twitterの利用規約に書かれているので心配ありません。

ただし、引用の際には「埋め込み機能」を使わないと、著作権に引っかかる恐れがあるので注意が必要です。

他人のツイートを埋め込むことには、読者の購買意欲をそそる心理効果もありますので、積極的に埋め込みを活用していきましょう。

ブログに他人のTwitterを引用するのは問題ないです

結果

他人のツイートを使っても大丈夫

結論から言えば、自分のブログに他人のTwitterを引用することは問題ありません。

 

なぜなら、Twitterの利用規約にそう明記されているからです。

 

以下、利用規約の一部を引用します。

ユーザーは、本サービス上にまたは本サービスを介してコンテンツを送信、投稿または表示することによって、当社が、既知のものか今後開発されるものかを問わず、あらゆる媒体または配信方法を使ってかかるコンテンツを使用、コピー、複製、処理、改変、修正、公表、送信、表示および配信するための、世界的かつ非独占的ライセンス(サブライセンスを許諾する権利と共に)を当社に対し無償で許諾することになります(明確化のために、これらの権利は、たとえば、キュレーション、変形、翻訳を含むものとします)。このライセンスによって、ユーザーは、当社や他の利用者に対し、ご自身のツイートを世界中で閲覧可能とすることを承認することになります。ユーザーは、このライセンスには、Twitterが、コンテンツ利用に関する当社の条件に従うことを前提に、本サービスを提供、宣伝および向上させるための権利ならびに本サービスに対しまたは本サービスを介して送信されたコンテンツを他の媒体やサービスで配給、放送、配信、リツイート、プロモーションまたは公表することを目的として、その他の企業、組織または個人に提供する権利が含まれていることに同意するものとします。ユーザーが本サービスを介して送信、投稿、送信またはそれ以外で閲覧可能としたコンテンツに関して、Twitter、またはその他の企業、組織もしくは個人は、ユーザーに報酬を支払うことなく(ユーザーは、ユーザーによる本サービスの利用がコンテンツおよびコンテンツに関する権利の許諾に対する十分な対価であることに同意するものとします)、当該コンテンツを上記のように追加的に使用します。

ちょっと長いですが、要すると
ツイートしたら世界中で見られることにOK出したことになるし、Twitterの機能内なら他人に使われることにも同意したことになるよ!

ということです。

 

なので、ブログに他人のTwitterを引用しても相手の許可は必要ありませんよ。

 

とはいえ、クレームが来たらすぐに削除しましょう

 

ただし、「埋め込み機能」をつかうこと!

上記の通り、ブログにTwitterを引用することは問題ありません。

 

しかしそれはあくまで、Twitterの埋め込み機能を使った場合に限られます。

 

引用は「Twitterのサービスの範囲内」でのみ許されていることだからです。

 

Twitterの埋め込み機能が、サービスの範囲になります。

 

スクリーンショット等で画面を撮影してそれを張り付ける、という行為は著作権に引っかかる恐れがありますのでやめましょう。

 

ツイートを引用したい場合は、埋め込み機能を使うのが正しいやり方です。

ブログにTwitterを埋め込んで引用する方法

問題

ではここから他人のTwitterのツイートを自分のブログに埋め込む方法をご紹介します。

 

とっても簡単な手順なのでぜひ覚えてみてください。

 

手順は以下の通りです。

  1. 埋め込みたいツイートの右上のボタンを押す
  2. 「ツイートを埋め込む」を押す
  3. 画面が切り替わったら「Copy Code」を押す
  4. 「テキストエディタ」に切り替えて、コードを張り付ける

1つずつ見ていきましょう。

1.埋め込みたいツイートの右上のボタンを押す

2.「ツイートを埋め込む」を押す

3.画面が切り替わったら「Copy Code」を押す

4.「テキストエディタ」に切り替えて、コードを張り付ける

これでブログにツイートを埋め込むことができます。

ブログにTwitterを引用するメリット

グッド

消費者の購買意欲をそそる「バンドワゴン効果」

ブログにツイートを埋め込むことによってアフィリエイトでの購買意欲をそそる心理効果を得ることが出来ます。

 

なぜなら人間には大勢が支持しているモノは、より魅力的に映り自分も欲しくなる」という行動心理があるからです。

 

多数の人が良いといっているモノがあった場合、それに影響されて自分も欲しくなる。

この心理効果を「バンドワゴン効果」といいます。

 

例えばラーメン屋であっても、よく分からない店よりレビューサイトで評価の高く、行列の絶えないラーメン屋」のほうがより魅力的に感じませんか?

 

これがバンドワゴン効果です。

 

そしてこれはブログのアフィリエイトにも活用できます。

バンドワゴン効果のブログへの活用

バンドワゴン効果はブログアフィリエイトにも有効です。

 

例えば私はこのブログのワードプレステーマに「Diver」を使用しています。

このテーマをブログでおススメしたいときに

ワードプレステーマは「Diver」が超おススメ!
機能も豊富だし、SEO対策もばっちりなのでとても満足しています!

 

と自分の意見だけだと、

本当にそうなの?それってあなただけが思ってる感想なんじゃないの?

とイマイチ信ぴょう性に欠けてしまいます。

 

ここで自分の意見だけではなく、Twitterの引用で他の方の意見を載せることにより、購買意欲を刺激することが出来るのです。

 

私一人の意見だけを載せるよりも、こちらのほうがより欲しくなってきませんか?

 

アフィリエイトをするなら、ぜひ狙っていきたいですね。

まとめ:ブログにTwitterの引用をすることは問題なし!

まとめ

というわけでまとめです。

  • 埋め込み機能を使えば、ブログに他人のツイートを引用することは問題なし
  • 他人のツイートを載せることにより、バンドワゴン効果で興味を持たせることができる

 

Twitterの引用は上手く使えばあなたのブログの信頼性を高めるのに役立てることが可能です。

 

うまく活用してみてください。

 

また記事内でご紹介している人気のワードプレステーマ「DIVER」が気になる方はこちらをご参考ください。

 

高機能なこのテーマが、現在期間限定で\500OFFのセール中です!


セールは数量限定で間もなく終了とのことなのでお早めに!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事