退職時、上司の「どこ行っても同じ」は大嘘!気にせず辞めてヨシ!

こんにちは糠マル(@malpighia_blog)です。

社会不適合者です。

 

退職を上司に切り出した際、上司から「お前なんかどこ行っても同じだぞ!」と言われ退職を考え直そうとはしていませんか?

 

勇気を出して退職を申し出たのに上記のようなことを言われてしまうと、「やっぱり残ったほうがいいのかな」と絶望してしまいがちですよね。

 

でも実は上司のそんな言葉は大嘘なので無視してOKです。

 

なぜならその上司の言葉にはなんの根拠もないから。

 

実際私は退職時に同じようなことを言われたましたが、次の会社でも普通にやっていけています。

 

今回の記事では

  • 上司の言葉が嘘である理由
  • 嘘であるという具体例

について書いていきます。

 

この記事を読めば上司の言葉は全く無視していいものであると分かるので、心置きなく退職することが出来るようになりますよ。

今回のポイント
そもそも転職しても同じかどうかなんてやってみなければわからないのですから、気にする必要ありません。

上司がなぜそんな嘘を吐くのかといえば、

  • 辞めるあなたにイラついている
  • 外の世界を知らない

というからです。

どこ行っても同じだぞ、というのは大嘘で間違いないので、気にすることなく行動してしまいましょう。

もしそれでも上司と話すのが煩わしいなら退職代行を使えば、もう顔を合わせることなく退職することが出来ますよ。

スポンサーリンク

「転職してどこ行っても同じ」というのは大嘘です

教える

上司からの「ここでやってけないならどこ行っても同じだぞ!」という言葉は大嘘です。

 

なぜならそもそも転職しても同じかどうかなんて、やってみなけりゃわからないはずじゃないですか。

 

上司はエスパータイプですか?未来予知でもできるんですか?

 

できるんだったらその能力でYouTuberにでもなったほうが稼げます。

 

上司はあなたが次に行く予定の会社のことは何も知りません。

 

知らない癖にあなたが次の会社でも失敗するなんて、どうして断言できるんでしょうか。

 

転職すれば社風、体質、人間関係は一気に変わります。

 

今までの会社ではあまり活躍できなかった人が次の会社ではすごく重宝されるようになった!なんてのは非常によく聞く話です。

 

ですから上司の主張には何の根拠もありません。

 

「明日世界が滅亡する!」と同じレベルの嘘っぱちなので気にしないでスルーしましょう。

なぜ上司は「転職してどこ行っても同じ」と嘘を吐くのか

上司

ではなぜ上司は転職してどこ行っても同じ」などという嘘を吐くのでしょうか?

 

考えられる理由は以下の通り

・辞めるあなたにイラついている

・単純に外の世界を知らないだけ

1つずつ見ていきましょう。

辞めるあなたにイラついている

もしあなたが辞めてしまうと、その穴を埋めるために様々なしわ寄せが上司にやってきます。

  • 単純に人手不足で辞められると困る
  • 違う人材を採用するための準備
  • 新しく来た人の教育
  • 部下が辞めることで自分の評価が下がる

 

このような面倒が起こるだろうと考えているため、上司はとてもイライラしているのです。

 

その八つ当たりとして半ば脅しのように嘘を吐き、あわよくばあなたを思考停止させて会社に留まらせようとしてくるのです。

 

このように、「どこ行っても同じ」はあなたのことを思って出た言葉ではなく、自分の保身のために出てきている嘘でしかないのでまったく気に病む必要はありません。

単純に外の世界を知らないだけ

また、上司が外の世界のことをしらないだけ、という理由もあります。

 

他の会社のことなんてよく知りもしない癖に特に深く考えもせず、あなたに忠告をしているのかもしれません。

 

「どこ行っても同じだぞ」といってきたところで、その上司だってせいぜい転職回数は1回か2回くらいの物でしょう。

 

下手をすれば、1回も転職経験がないかもしれません。

 

私にこのセリフを言ってきた上司も、転職回数は1回しかない人でした

 

今の会社以外のことを知らない上司がこのようなセリフを言ってきたとしても信ぴょう性が薄すぎますね。

「転職してどこ行っても同じ」は嘘である具体例

楽しい

そうはいっても、本当に上司の行っていることが嘘なのかまだ信じきれない方もいると思います。

 

なのでひとつ具体例を出します。私の体験談です。

 

私はもともとコンビニの食品工場で働いていたのですが、そこは地元では結構なブラック企業でした。

 

(当時はあまり深く考えずに入ってしまい、あとから聞きました・・・)

現在はそこから転職して別の会社に勤めていますが状況は大きく変わりました。

残業はほぼ0に

以前の会社では毎日残業があり、月の残業時間は40時間近くになっていました。

 

しかし現在の職場では残業はほぼ0です。

怒声を聞かなくなった

以前は毎日のように社員の怒声が飛び交っていました。

 

自分に言われているものではなかったとしても誰かが怒鳴られているのを聞くのは、非常にストレスの溜まるものです。

 

今の会社ではそういった口汚い言葉はまったくと言っていいほどありません。

大きな休みが取れるようになった

食品工場は24時間営業なので基本的に連休は取れません。

 

年末年始でも通常進行です。

 

しかし、今の会社では年末年始は普通に休めますし、ゴールデンウィークやお盆もあります。

 

このように以前の会社とは全く違います。

 

やはり「どこ行っても同じ」は嘘ですね。

まとめ・どこ行っても同じは嘘だから行動しよう

まとめ

というわけでまとめです。

  • 転職したら間違いなく色々と変わるから気にしないで
  • 上司はあなたに八つ当たりしてるか、外の世界を知らないだけです
  • 私も同じこと言われたけど、大きく変わりました。

 

今の職場が辛いなら、その仕事とは適性があっていないので自分の適性に合った職場にいきましょう。

 

もちろん必ず適性に合う会社に付けるとは限りません。

でも今の辛い会社に居続けるよりは、自分にあう会社を探し続けるほうがずっと健全です。

 

「仕事自体に適性がない」ならば、まず副業で収入を得られるようになってから独立するのがいいでしょう。

いずれにしても、小さくても行動を起こすのが大事です。

 

上司の嘘なんか華麗にスルーして退職してやりましょう。

上司からの嫌味を聞くのがどうしても嫌なら

とはいえ、やはり上司からいちいち嫌味を言われるのは大きなストレスですよね。

 

できればそんな面倒なストレス抱えずスパッと辞めたいものです。

 

そんな時に便利なのが退職代行

 

費用は掛かりますが、連絡をした次の日から即日で退職でき、嫌な上司と一切顔を合わせずに済むようになります。

 

また、残業代の未払いといった交渉も退職代行会社が行ってくれるので、

「退職のことを会社に切り出しづらい・・・」

という退職前の憂鬱な気分に悩む必要もなくなるのです。

 

煩わしい面倒ごとを一気に解消しつつ即日で辞めることが出来るので、もう会社に行きたくない人はすぐに利用してみてください。

 

いかに「安心・確実」に辞められる退職代行を厳選して紹介していますので、ぜひ参考にどうぞ。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事