労働が苦手で向いてない人は転職で年収を重視すべきでない3つの理由

 

転職先はどこがいいかな・・・?
お、ここなんか年収が高くて良さそう!
ここに応募してみようかな?
転職を考える際、誰もが気になる部分が「年収」であると思います。
しかしちょっと待ってください!

 

もしあなたが「働くことが苦手な人間」であったなら、

年収を重視することは考え直すべきです。

 

働くのが苦手にもかかわらず

年収を目当てに転職先を決めると

せっかくの人生が台無しになってしまうかもしれませんよ・・・?

 

今回の記事ではなぜ「働くことが向いてないと思う人」が

年収を重視すべきではないかを解説します。

スポンサーリンク

労働が向いてない人は転職で年収を重視すべきではない3つの理由

理由としては以下の通り

・年収の高い会社でも、残業があったら意味がない

・年収の高い会社は入るためのハードルも高い

・年収目当てで転職したら、責任の強い仕事を任される

1つずつ解説していきます。

年収の高い会社でも、残業があったら意味がない

働くことが苦手な人間にとって、

大事なのは「残業がない」ことです。

なぜなら、仕事苦手人間が最終的に目指すべきは

「個人で稼げるようになり、会社に依存せずに済むようになること」だからです。

 

仮に年収が高い仕事の求人があったとしても、

それが残業時間の長い仕事だった場合、

副業の時間が取れなくなり、

会社に依存せざる負えなくなってしまいます。

 

それならば、多少年収が低くても、

残業がなく副業に時間を割きやすい仕事を選ぶべきです。

残業まみれの仕事では、我々仕事苦手人間は
とてもではないですが働いていけません。

(普通の人もそうでしょうが、仕事苦手人間は特に)

 

もちろん「残業がなくて高年収」ならばそれに越したことはないですが・・・

次の理由からそれも難しいかな、と。

年収の高い会社は入るためのハードルも高い

転職で年収を重視しないほうがいい2つ目の理由は

年収の高い会社の場合、

入るためのハードルもそれに応じて高くなるからです。

 

働くのが苦手な人間は、会社に貢献できるスキルが足りない場合が多いので

そもそも内定がもらえるかどうかが怪しくなってきます。

基本的に転職において企業側が求めているのは「即戦力」なので

働くのが苦手な人間だと、会社のお眼鏡にかなうのは難しいんじゃないかと。

 

内定をもらうことが出来なかった場合、

また転職活動を最初からやり直すことになり、

履歴書作成

面接の練習

など、様々な準備に再び時間を取られることになってしまうはず。

 

 

また、このような状態が続くと

メンタルにも悪影響が出てくるので

ますます転職が遠のきます。

 

ハードルの高い会社に挑むよりは

多少ハードルを下げて、

会社ではなく、個人で稼げるようになる

能力を上げる時間を確保しましょう。

年収目当てで転職したら、責任の強い仕事を任される

なんとか年収の高い会社に内定をもらえたとしても

その場合、責任の重い仕事を任されてしまう可能性が高いです。

年収が高いということは
それだけ求められる仕事の質も高くなるということですからね。

しかし、働くのが苦手な人間が責任の重い仕事を任されてしまっては

毎日プレッシャーを感じ、ミスを連発してしまうことでしょう。

 

それによって、自己嫌悪も大きく感じてしまうかもしれません。

それを何とも思わない鋼のメンタルを持っていれば構いませんが
大抵の仕事苦手人間は、メンタルが弱いと思いますので
重い仕事を任されるのは避けたほうがいいです。

 

年収が低くても、働くのが苦手な人間でも

ストレスの少なくできそうな仕事を、選ぶべきです

 

労働が向いてない人は何を重視すべきか?

では労働が向いてないと思う人は

転職において何を重視すべきか?というと

・会社にいる時間の短さ
・仕事の責任の軽さ

の2つになります。

会社にいる時間の短さ

会社にいる時間の短さは最重要事項といっていいです。

 

分かりやすい部分で言えば、「残業の短さ」ですね。

 

残業時間が短くなれば、

その分副業をする時間が取れることになります。

それで稼ぐことが出来るようになれば
会社に依存せず生きることが可能になります。
他にも、リモートワークやフレックスタイム制を採用している会社ならば
なおのことよいですね。
会社にいる時間を短くできれば短くできるほど
副業をする上では好都合です。

仕事の責任の軽さ

仕事での責任の軽さも

労働が苦手な人間にとっては重要です。

 

仕事の責任が軽くなれば、仕事が苦手な人間でも働きやすく

メンタルも崩れにくくなります。

 

おすすめは派遣社員として働くことです。

 

派遣社員ならば正社員ほど難しい仕事はないでしょうし、

フリーターに比べれば給料も悪くないです。

 

仕事が苦手な人間にとっては

なかなか悪くない働き方ではないかなと思ってます。

 

(実際私も現在派遣で働いてます)

まとめ

というわけで

仕事が向いてない人は転職で年収を重視すべきではない3つの理由でした。

 

仕事が苦手な人間は年収の高い会社を目指すよりも

個人で稼げる能力を身に着ける勉強をしたほうが

人生の幸福度はきっと高いです。

 

転職はあくまで時間を確保するための手段。

 

会社に依存せず稼ぐ能力を育てましょう。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事